« 炎のゆらぎ | トップページ | 思いきり泣くこと »

2016年2月 1日 (月)

如月

今日から2月。

早いもので、2016年が始まって、もう1か月が過ぎましたね。

日々が過ぎていくスピードがますます早まっているように
感じられるのは、年齢を重ねてきたからでしょうか・・・


2月の別名は如月(きさらぎ)ですが、この漢字は、
「爾雅(じが)」という中国最古の類語辞典にある
「二月爲如(二月を如となす)」という一文に
由来しているといわれています。

「如」とは「従う」という意味だそうで、
ひとつが動き出すと、それに従って他のものが
次々に動き出す状態を表しているとか。

「如月」は、自然や草花など森羅万象が春に向かって
動き始める頃・・・ということのようです。

旧暦の2月は新暦でいうと3月頃、
つまり、春の訪れが感じられる季節ですね。


その「如月」が「きさらぎ」という読み方になったのには、

〝寒さがぶり返し、衣を更に着ることから「着(衣)更着(きさらぎ)」〟
〝春に向かって草木が生えはじめる「生更木(きさらぎ)」〟
〝陽気が増してくるという意味の「気更来(きさらぎ」〟

・・・など、諸説あるようですが、いずれにしても美しい響きだと感じます。

この他、2月の別名には、「梅見月(うめみつき)」や
「雪消月(ゆきげづき・ゆきぎえづき)」、
「木芽月(このめづき)」などがありますが、
どれも、春が近づいていることを感じさせる呼び名ですね。


まだまだ寒さは続きますが、春は一歩一歩、確実にやって来ています。

みなさま、どうぞご自愛くださいね。

1

|

« 炎のゆらぎ | トップページ | 思いきり泣くこと »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

きさらぎ・・・私にとって特別な月です。
77年前、厳寒の東北に私がうぶ声を上げた月ですもの^^
昔の北国の2月は今とは比較にならないほどの寒さで、その真夜中に生まれた私、はなから周囲に迷惑をかけた子でしたね。

私がいまだに心に残る2月の光景といえば、寒さの最も厳しいこの季節を選んで歩く修業僧の托鉢姿です。
雪の夜道に墨衣がとても幻想的でした。

投稿: おキヨ | 2016年2月 1日 (月) 13時02分

おキヨさんnote
おキヨさんは如月の真夜中に生まれたのですね。
とても美しい響きの月ですが、確かに、一年中で一番寒い季節、
ましてや東北となると、きっと雪深い厳しい寒さの時期だったのでしょう。
私が赤ちゃんの頃ですら、今よりもっと冬は寒かったと
母から聞いたことがあります。
「雪の夜道を歩く墨衣の修業僧の托鉢姿」・・・
想像しただけで幻想的で、まるで泉鏡花の物語の場面のようです。


投稿: hanano | 2016年2月 1日 (月) 19時13分

hananoさん、こんばんは。

「きさらぎ」・・いい響きですね。そうなんですよね2月と言っても、以前は旧暦で季節をかぞえていたのでしょうから、物事が春に向かって歩み出す月としての「如月」は良く理解できました。

暦を考えるだけでも、私達人間の方が自然の季節の歩みからずれてきてしまっているようです。日本には沢山の季節を表す言葉がありますね。改めて日本語って綺麗な言葉だなと思います。

私達だけでなく春の息吹を感じながら動物や植物が春の訪れを待っているのですね。あと少しの辛抱です。

投稿: omoromachi | 2016年2月 1日 (月) 22時50分

omoromachiさんnote
旧暦が今の暦からほぼ一か月遅れと考えると、
俳句の季語なども納得です。
明日の節分を過ぎると立春で、「暦の上では春」・・と、いつも
決まり文句のように言われますけど、実際はまだまだ厳しい寒さが続きますね。
もうひと月あまりもすると、しっかり春の訪れの気配が感じられそうです。
今の時代、グローバル化とやらで英語に力が入れられていますが、
母国語を大切に美しく思えるのは素晴らしいことですよね。

投稿: hanano | 2016年2月 2日 (火) 17時38分

hananoさん、こんばんは(^^♪
「如月(きさらぎ)」の字も響きもいいですね~。

「梅の里」のはなのいろ地方では
梅の花が咲き始めているところもあり
梅林の開園情報が次々とmemo

明日は「立春」
本当の春までにはあと少し。
お風邪など召されませんように♡

投稿: はなのいろ | 2016年2月 3日 (水) 22時18分

はなのいろさんnote
今日(あ、日付が変わったので「昨日」ですね・・)は節分でしたね。
豆まきはされましたか?
今日は立春、暦の上では春といわれますが、まだまだ寒さは続きそうです。
とはいえ、はなのいろさんの地方では、もう梅の季節なのですね。
「梅の里」とは、素敵な響きですね!
梅の花の何とも言えないいい香り、風情のある姿など大好きです。
少しずつ、少しずつ、近付いてくる春を楽しみに過ごしたいです。

投稿: hanano | 2016年2月 4日 (木) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 炎のゆらぎ | トップページ | 思いきり泣くこと »