« ひな祭り | トップページ | ミモザの日 »

2016年3月 6日 (日)

春とウグイス

3月に入ってもまだまだ寒いと思っていたら、
昨日あたりから、ずいぶん暖かくなってきましたね。

春も、もうすぐ。


今朝は、ウグイスの鳴き声が聞こえてきて、
「近くで鳴いてる!」・・・と、目が覚めました。


「春告鳥」の別名を持つウグイスですが、
早春のこの季節、最初は不器用にさえずっていた声が、
だんだん上手になってくるのを聞くのも楽しみです。


ウグイスといえば、「梅にウグイス」のイメージが強かったのですが、
実際のウグイスは、あまり梅の木には止まらないそうですね。

彼らは警戒心が強くて、低い藪の中にいることが多く、
あまり姿を見せないのだとか。


1

(ウグイス)


梅の木によく止まっているメジロと混同されたようです。

こちらがメジロ。

2


確かに、目の周りの白い鳥でメジロですが、
ウグイスが鶯色でなくて、メジロが鶯色とは、ややこしい・・・



早春のこの季節、いつも思い出す言葉があります。

フィンランドの作家、トーベ・ヤンソンの
「たのしいムーミン一家」(1948年出版)の一節。

『その年、はじめて見たちょうが黄色なら、
その夏は素晴らしい夏になるし、
はじめて見たのが白いちょうなら、
その年の夏はおだやかなんです。』 (山室 静 訳)

3_3  


物語の中で、ムーミンたちは見たこともない金色の蝶を見かけ、
「金色なら、黄色よりもっとすばらしい夏になる」と話します。


今年最初に目にする蝶は何色かな・・・と思うのも、
春の楽しみのひとつです。


みなさまの春も素晴らしいものになりますように。

|

« ひな祭り | トップページ | ミモザの日 »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

hananoさん、こんばんは。

ノルウェイのトロール(妖精)のことを書いたおとぎ話でしたが、とても沢山の前向きな話を聞くことが出来た物語りでしたね。
見た目はノホホンとしているのですが、この言葉の中に真実が隠されていたりとどきっとすることがありました。

hananoさんが話題にするまで暫くムーミンは忘れられた存在になりつつありました。もう一度ゆっくりと眺めて見たい絵本です。

投稿: omoromachi | 2016年3月 6日 (日) 22時09分

omoromachiさんnote
こんばんは^^
ムーミンの物語は、小学生の頃に初めて読んで以来、
今も手元にシリーズ全編の文庫本があります。
子供の頃も大好きでしたが、大人になってからも(・・というか、
大人になったからこそ)、その深さが一層わかるようになるものですね。
omoromachiさんのおっしゃるとおり、真実が隠されていたり、
前向きな気持ちにさせてくれるものであったり。
ムーミン作品の中からの「名言集」まで出版されているようなので
(私自身は読んだことはありませんが)、きっと多くの人の心を掴む
何かがあるのでしょう。
トーベ・ヤンソンの絵も味わい深いですし、その世界観の持つ魅力や、
心に残った部分など、またいつかここで書くことができたらと思います。
そうそう、ムーミンはノルウェイではなくて、フィンランドです。
一昨年フィンランドを初めて訪れましたが、とても素敵な場所でした。

投稿: hanano | 2016年3月 6日 (日) 23時43分

こんにちは。

春は何故か、心が落ち着かなくなります。
花粉症とも併せて、少し苦手な季節ですが、
蝶のお話、良いですね。
最初にどちらを観ても、素晴らしい年になりそうです。
フィンランド、一度だけ、それも短い時間でしたが、
大好きな国の一つになりました。
今度は、深い森に旅してみたいです。

投稿: kiri | 2016年3月 7日 (月) 11時35分

hananoさん、こんばんは(^^♪

我家にメジロはよく遊びに来ていますが
そういえばウグイスは姿を見せたことがありません。
警戒心が強い鳥なのですねchick
メジロのウグイス色、きれいですね~(ってややこし~)

子供たちに、ムーミンの物語のような
夢のある温もりのある読み物を薦めたいですねbook

春の陽気も明日くらいまでで
また寒さが戻るようですよ。
風邪引かないよう気をつけましょうねheart04

投稿: はなのいろ | 2016年3月 7日 (月) 21時32分

鶯が上手に囀るようになるにはもうちょっと先になるかもしれませんね^^
私が山辺でスケッチしていると下手な鶯の声が聞こえてくることがあり思わず〔がんばって〕というときがあります(^_^)
メジロは容姿が可愛いくて、おしゃべりですね^^


ムーミンと言えば若かりし頃のある青年を思い出します。
雰囲気が似ていて。。。(^_^)

投稿: おキヨ | 2016年3月 8日 (火) 12時50分

kiriさんnote
花粉症持ちにとっては春はつらい季節ですよねbearing
春は希望に満ちた季節のようですが、環境や人間関係が
変わる時期でもあるし、ちょっと不安定な気持ちになりやすいのでしょうか。
私は昨日、黄色い蝶を見ましたよ!
kiriさんも素敵な夏になりますように・・・
フィンランド、とてもいいですね!
森と湖の風景が素敵でした。
また機会があれば、私もぜひ行きたいです。


はなのいろさんnote
はなのいろさんのお家の庭にはきれいな花や植物が多いから、
きっと鳥たちも惹かれてやってくるのでしょうねheart04
ウグイスも丸っこくて可愛いですが、メジロも本当にきれいな色ですね。
ウグイス餅を思い出します(・・・って、風情がないかcoldsweats01
ムーミンは、子供の頃に読んでも、大人になって読んでも、
どちらも味わい深くていい物語だと思います。
はなのいろさんも季節の変わり目、どうぞご自愛くださいね。


おキヨさんnote
早春のたどたどしい鳴き声が、だんだん巧みなさえずりに
上達していくのは、聞いていて楽しいし、応援したくなりますね^^
春の鳥のさえずりを聞きながらのスケッチ、とても清々しそうですshine
メジロは本当にきれいな色で可愛いし、ウグイスも、
ちょっと地味とはいえ、こちらもなかなか可愛い鳥ですね。
ムーミンに似ている男性・・・なんとなく想像できますよ!


投稿: hanano | 2016年3月 8日 (火) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひな祭り | トップページ | ミモザの日 »