« 生きること | トップページ | Chin up and Be happy! »

2016年3月16日 (水)

夜、考えない

何か悩み事や心に引っ掛かることがある時、

夜ベッドに入っても、なかなか寝付けなくて、
つい、いろいろと考えてしまうこと、ありませんか。

目を閉じてじっとしていても、
いろいろな考えや思いが心に浮かんできて、
結局、よく眠れない夜を過ごすことになったり・・・



私自身、そんな経験がないわけではありませんが、
できるかぎり心がけているのは、
「夜、考えない」ということ。


もちろん、頭でわかっていても、
渦中に気持ちがある時には、
なかなか難しいことかもしれません。

「そんなこと言ったって、眠れない時は眠れないんだよ」
そう思う方もいっらっしゃるかもしれません。

不眠などで悩まされている場合は、その解決策も大切でしょう。

眠る工夫にしても人それぞれで、方法も効果もさまざまでしょう。



それでもやっぱり、結局のところ思い至ったのは、
「大切なことは、夜考えるべきではない」、ということです。



ずっと以前、何かのインタビューかで、
イチローが、こんな話をしていました。

  「寝ないで考える」ってよく言うけれど、寝なきゃダメ。

  「オレ、寝ないで考えたんだけど、やっぱりこうなった・・・」
  とか言ってくる人もいるけど、その決断は受け入れられない。

  なぜなら、“寝なかったら、思考が働かないから”

  大事な決断をする時は、いつもよりしっかり寝て、
  真昼間に決断すること。

  しっかり寝てから考えて決断したんだったら信じるけれど、
  寝ないで考えたんだったら、受け入れられないな、と。


この話を聞いて、「ああ本当にそうだ!」と思いました。
私も同じ考えです。


そもそも、暗闇の中、布団の中でじっとして、
あれこれ思いを巡らせていると、
なかなか前向きな気持ちは湧いてきません。

男と女にしても、ベッドの中でネガティブな話をすると、
たぶん、結果として、ろくなことにならない。

悩み事や気がかりで眠れないからといって、
あれこれ夜に考えて、しっかり眠らないでいると、
その負のサイクルによって、問題は余計に
解決から遠のいてしまうかもしれません。



何かが変わったり解決したわけではないのに、
朝パッと目が覚めた時に、気持ちが前向きになっていたり、
考えがひらめいたり浮かんだりすることも、あります。

そんなメッセージは、正しいものだと聞いたこともあります。


できるだけ、「夜、考えない」

そして、「大切なことは、昼間に考える」


言葉にすると簡単ですが、
実際の行動も、そうなっていくように
思考として常に意識することも大切だな、と
そんなふうに思っています。



1

ベランダの花かんざしのつぼみが次々に咲き始めました♪

|

« 生きること | トップページ | Chin up and Be happy! »

ココロとカラダ」カテゴリの記事

コメント

hananoさん、こんにちは(^^♪

早朝に目覚めてしまう年齢に達しているはずの
はなのいろ家ですが、
朝は寝ようと思ったらいつまででもsleepy
夜は眠れないという人が信じられないくらいsleepy
悩みごとや心配ごとが無い訳ではないのですよ(笑)

考える間が無い時もありますけど
今夜は気になることが・・・と思う時は
できるだけ楽しい悩みに置き換えています。
お花のことやお洋服のことなどなどにねwink

「はなかんざし」可愛いお花ですねcute
ウチにもありましたのに、何処へsweat01

投稿: はなのいろ | 2016年3月16日 (水) 16時18分

はなのいろさんnote
私も、もともといくらでも寝られるタイプで、
不眠には縁遠い方ですが、それでもやっぱり、
つい夜考えそうになってしまう時があったり、
身近な人が不眠になったりと、いろいろありますね。
気になることが・・と思う時は、できるだけ楽しい
悩み(考えごと)に置き換える・・・という
はなのいろさんのアイディア、すばらしいです!
ぜひ、実践してみますね^^
はなのいろさんのお庭にも、素敵な春が訪れていますね。

投稿: hanano | 2016年3月16日 (水) 17時02分

こんばんわ。

私、寝ないで考えてしまうこと有ります。
と言うか、寝付けない時に余計なことを考えてしまうんですよね。悪い癖です。
最近は、頑張って寝ない!と決め起きてしまいます。
決心すると不思議なもので、睡魔が襲ってくるのですよ。
大した悩みじゃないんでしょうね、きっと(笑)

投稿: kiri | 2016年3月16日 (水) 20時43分

私は眠くなるまで読書をするのが習慣になっています。
ですから〔眠れない、不眠症〕などとは全く縁のない人間ですね・・・というより、根っからの楽天的性格が夜ものを考えることを良しとしないのかもしれません。
暗闇で一人何かを考えるのは良いこと、前向きな考えには繋がらないような(^_^;)
ま、明日考えよう、またはなるようになるさ。なるようにしかならない!主義です。

現実的なことはすべて夫が考えます^^

投稿: おキヨ | 2016年3月17日 (木) 11時56分

kiriさんnote
特に気にかかることがなかったとしても、
なぜだか寝付けないという時に、ぼんやり
あれこれ考えてしまうということはありますよね。
「眠れない時は無理に寝ようとしない!」・・というのは、
確かに、効果的だと聞いたことがあります。
悩みの大小は、その人自身がどう感じるかで、
誰か別の人が決めるものじゃないですものね。
kiriさんの気持ちが、今夜も穏やかでありますように^^


おキヨさんnote
眠る前の読書の時間は、至福のひとときですよね!
私も基本的にいくらでも眠れる性質で、楽天的と
よく言われる方ですが、それでもやはり、
人生には気がかりなことが生じる時もありますね。
結局は、「なるようにしかならない」んですけどね。
現実的なことはすべて考えてくれるというダンナさま、
頼もしい! 羨ましいですheart04

投稿: hanano | 2016年3月17日 (木) 19時31分

確かにそうですね。
過去・現在の自分に対して
ネガティブな気持ちがおきる時って、
そういえば大抵夜ですね。
夜は寝なきゃいけませんね、やっぱり。

投稿: poem | 2016年3月17日 (木) 23時38分

poemさんnote
夜の時間は、ゆっくりリラックスできるとか、
それはそれで、もちろんいい面もあるんでしょうけど、
何か大切なことを決断したり、迷っていることに結論を
出したりするのには、向いてない気がしますよね。
朝の光は、ポジティブな気持ちにしてくれるし、
私は昔から結構夜型人間なんですけど、
やっぱり、あんまり夜更かししない方がよさそうですねcoldsweats01

投稿: hanano | 2016年3月18日 (金) 19時22分

hananoさん

「とりあえず眠ろう、一晩眠ればよい考えも浮かぶものだよ。」
そんな旧い言葉がありました。

画家には夜、画く人が多いようです。
世の中が動いていない特別な空気の中で制作する人が。

物は静けさの中で創られると。

私も以前は夜中制作派でしたが、ある時からどうにも眠くて起きていられなくなり、夜中は画けなくなりました。
今では朝、目覚めた直後、空っぽの身と心で画いております。
緑茶を飲んで、手巻きの時計たちのリューズを巻いてから、秒針の音を聴きつつ、画いております。

たまたま眠れる日もあれば、たまたま眠れない日もありますよ。


銀瀧

投稿: 銀瀧 | 2016年3月27日 (日) 19時25分

銀瀧さんnote
「とりあえず眠ろう、一晩眠れば・・・」、いい言葉ですね。
何か気がかりがある夜は、これからはこの言葉を思い出そうと思います^^
作家は夜に執筆する人が多いとか聞いたことがありますが、
画家も夜に制作する方が多いのですね。
確かに、夜の静けさは何かものを創り出すのには向いている気がします。
とはいえ、きっと心身の健康には朝型がいいのでしょうね。
"緑茶を飲んで、手巻きの時計たちのリューズを巻いてから"描くという
銀瀧さんの朝、想像するだけで清々しそうで、素敵ですね。

投稿: hanano | 2016年3月28日 (月) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生きること | トップページ | Chin up and Be happy! »