« Don't Worry, Be Happy | トップページ | EVERYONE HAS A STORY »

2016年4月18日 (月)

Oxala (希求)

ポルトガルのグループ、Madredeus(マドレデウス)の
「Oxala (希求)」




テレーザ・サルゲイロの澄んだ声で繰り返される
「Oxala(オシャラー)」というフレーズは、アラビア語の
「inshallah(インシャラー:神の思し召しのままに)」が語源となった
言葉らしく、ポルトガルでは、「どうぞ~になりますように」とか、
「そうあってほしい」・・・というような意味合いで使われるそうです。


  Oxala 私の足取りが力をなくしませんように
  Oxala カーニバルが来てほしい
  Oxala 人びとが忘れないように
  Oxala わたしの「未来」がやってきますように
  Oxala 私の人生が順調なように
  Oxala あなたの人生も同じく
  Oxala すべてがうまくいきますように
  悪いことは最小限で・・・


歌詞の中では、そんな願いが歌われています。




日々メディアを通じて伝えられてくる被災地の様子と
甚大な被害を目にすると、胸が苦しくなる思いです。

只中にいらっしゃる方の困難は、離れた場所にいる者が
どんなに心を寄せたとしても、その想像以上なのでしょう。


今の自分にできることは多くはなく、
無力さやもどかしさを感じるのは、
5年前の東日本大震災の時と同じです。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りし、また、
被災された方々の安全と一日も早い回復を祈ること、

そして、被災地と人々の心に、復興へとつながっていく
確かな道筋ができるようにと祈ること、

直接ボランティアに出向くことが難しければ、
義援金を送るなど、金銭的・物質的な支援をすること・・・

私にできることは、それくらいです。



「不謹慎」というボーダーに慎重になりすぎるゆえの自粛に縛られず、
それぞれの場所でそれぞれの生活に一生懸命取り組むことは、
無関心であることや、痛みに心を寄せない行為とは違う。

そう信じています。



「未来」がやってきますように。

|

« Don't Worry, Be Happy | トップページ | EVERYONE HAS A STORY »

音楽」カテゴリの記事

コメント

hananoさん、こんばんは。

テレーザ・サルゲイロの澄んだ歌声、そしてその歌詞は今の日本の状況に於いてとても心に響きます。そして気持ちを楽にしてくれますね。

一連の地震活動はまだ先が見えない状況です。私も何も出来ないのですが、気持ちだけは被災地に寄り添っていきたいと思っています。

私が衝撃を受けた言葉にマザー・テレサの「愛の反対は憎しみではなく無関心である」がありました。無関心でなければ未来は拓けると思うのです。

投稿: omoromachi | 2016年4月18日 (月) 23時39分

omoromachiさんnote
災害の渦中にある方々は、音楽どころではないということも
よくわかっています。
自然災害に限らず、人生の大きな困難に直面した時には、
私自身を含め、きっと多くの人は、目の前のことに向き合い、
乗り越えるのに必死で、いろいろな意味で
心のゆとりも失ってしまうものでしょう。
そんな時に、自分自身がどうすればいいのか、または、
誰かのために何かできるのか・・・そんなことを、
折々に考えたりしています。
「無関心」は本当に恐ろしいことだと、私も強く感じます。
いつも、気持ちの伝わってくるコメントをどうもありがとうございます。

投稿: hanano | 2016年4月19日 (火) 19時20分

このような大災害が起こるたびに自分の無能が歯がゆく感じられてなりません。
東北大震災で、実家と3日ばかり連絡が取れなくなったときでさえ何もできることがありませんでした。
今回は熊本にお住いのブログ仲間の方が気がかりでたまりませんでしたが、やっとご無事なことが今日わかりました。
普段神の存在を信じようが信じまいが”何か”にひたすら祈るのみです。
人はいざという場合”何か”にすがりますね。
”何か”とはやはり神なのです。

投稿: おキヨ | 2016年4月20日 (水) 12時19分

hananoさん
こんにちは。
「希求」心にしみる曲ですね
私は、人の痛みや悲しみによりそえる心だけは
もちたいと思っていますが・・・
それは、
とても、むずかしいことだと
感じます
 
      

投稿: kototama | 2016年4月20日 (水) 17時34分

おキヨさんnote
東北の震災の際は、ご実家や親戚の方々のことが
本当に心配だったことでしょうね。
私も阪神大震災の折に京都にいて、神戸の親戚や知り合いの
安否確認に必死だったことを忘れられません。
熊本にお住いのブログのお友達がご無事で、本当に何よりでした。
人間の力ではどうにもならないことがあると痛感すると、
宗教的な意味でなくても、神のような存在にすがり、
祈らざるをえないような気持ちになりますね。
義援金を送り、祈ること・・・
私は、数少ない「できること」をするしかありません。

kototamaさんnote
悲しみを癒したり、気持ちを明るくさせたり、心に平穏をもたらしたり、と
音楽や言葉の持つさまざまな力を、きっとkototamaさんは
ご自身の活動を通じて、私よりももっと実感していらっしゃるのではないかと思います。
他人の痛みや悲しみに寄り添うというのは、とても難しいこととだと私も思います。
世の中のすべての人々の悲しみや苦しみを、その人とまったく同じように受け止めて
いると、一人の人間の心と精神では決してもたないでしょう。
それでも、誠実に心を寄せ、共感する気持ちは持ちたいといつも願っています。
なかなか、難しいことですね・・・

投稿: hanano | 2016年4月20日 (水) 19時36分

こんにちは。

ギターの音の切ない調べと、
澄んだ歌声が綺麗な、素敵な曲ですね。
哀愁だけじゃない、希望を感じられるような歌で
心が落ち着くような気がしましたconfident

投稿: イヌイカ | 2016年4月23日 (土) 17時38分

イヌイカさんnote
こんにちは^^
ここのところちょっとお疲れのようでしたが、
少し気持ちは元気になられましたか?
音楽は心を落ち着かせてくれたり、癒してくれたり、
明るく元気な気分にさせてくれたりと、日常の中で
いろいろな力をくれるものですよね。
たとえ言葉がわからなくても、音の持つ力って大きいですねshine

投稿: hanano | 2016年4月24日 (日) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Don't Worry, Be Happy | トップページ | EVERYONE HAS A STORY »