« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月19日 (日)

百年の家

数年前、書店の絵本コーナーで、たまたま見つけた本。


1


何気なく手に取ってページをめくると気に入ってしまい、
さっそく買って帰った一冊でした。


2008年に国際アンデルセン賞画家賞を受賞した
ロベルト・インノチェンティの緻密で美しい絵と
詩人で作家のJ.パトリック・ルイスの文章が、
家と人が織りなす長い歳月の積み重ねを
静かに描いていきます。



物語の語り手は、1656年につくられたという
石造りの一軒の古い家。


1900年のある日、長い間森の中で廃屋となっていた古い家は、
キノコとクリを探しに来た子供たちに見つけられ、人びとによって
修理をされ、ふたたび人間たちの営みを見守るようになります。


2


その「家」が、自分史を語るように、
1900年からの百年間の歳月を物語ってゆきます。


「家」のものがたりは20世紀の歴史です。


自然の中で人間が暮らし、果樹を育て、結婚し、やがて家族が増え、
また、家族を失い、遠い戦火に照らし出された時代を経て、
そして、家を去っていく・・・

3_2


そんな年月の積み重ねと人々の暮らしを見守る家からは、
日々の積み重ねが歴史を作るということ、また、
人間が生きていくということ・・・を感じさせられます。


4


1915年
 「緑に着飾った真夏を、花よめの介添人にして、
  丘のむすめは、じぶんで、じぶんの未来をえらんだ。」

1916年
 「丘の、春の光景は、みんなの心を明るくする。
  自然な表情がもどってくる。
  母と子が、復活祭の祝福を受けている。」

1918年(第一次世界大戦 終戦)
 「みんなが無邪気でいられた時間は、すてきだった。
  でも、短かった。」

1942年
 「破壊が、絶望が、憎悪が、犠牲者を追い立てる。
  丘のわたしを明るく照らしだす、遠くの戦火。」

1944年
 「千の太陽がきらめく戦争は、だれの戦争なのだろう?」

1967年
 「母親の柩を乗せた車が、わたしの前を通り過ぎてゆく。
  心をなくした家は、露のない花のようなものだ。」

1973年
 「いままでの暮らし方を継がない。それが新しい世代だ。
  だが、若さだけで、この家の古い石は、とりかえられない。」

6_2



1999年
 「けれども、つねに、わたしは、わが身に感じている。
  なくなったものの本当の護り手は、日の光と、そして雨だ、と。」


ページの中で語られるさまざまな「家」の言葉が、
とても印象的な物語でした。


訳は詩人の長田弘さんです。

| | コメント (10)

2016年6月12日 (日)

日曜日の赤シソジュース

雨の降りそうな日曜日。

1


ここしばらく慌ただしい毎日だったから、

今日は一日、のんびり過ごすことにしました。



買い物に行く途中に見かけた近所の紫陽花の色も
少しずつ濃くなっているよう。


2




この季節、赤シソが出回り始めると
毎年ジュースを作ります。


今年もスーパーで見かけるようになったので、
さっそく買ってきました。


赤シソジュースの作り方は本当に簡単です。


茎から外した赤シソの葉っぱをよく洗って・・・

3



沸騰したお湯(赤じそ200gにつき水1リットルの目安)で数分煮ます。 
時間は5,6分くらいかな?(私はいつも適当ですが・・・)

シソの葉から赤い色素が抜けて、緑色になってきます。

4



お湯が赤くなってきたら、葉っぱをよく絞って取り出し、
いったん火からおろして、茶こしかペーパーなどで濾します。

煮汁は赤ワインのような濃い赤色。

5


その後、再び鍋に戻して火にかけ、砂糖(500g)を加えて煮溶かします。

そこへクエン酸(12.5g)を加えると・・・

6


鮮やかなルビー色に

7


理科の実験みたいで、ここがいつも楽しいところです♪



できたジュースは、ビンに入れて冷蔵庫で保存。

水やソーダで3倍くらいに薄めて飲んだり、カクテルに使ったり、
かき氷にかけたり・・・といろいろ使えます。

甘酸っぱくて、さわやかで、とてもおいしいですよ。

赤シソには、アレルギーの予防や緩和効果、抗炎症作用、
殺菌作用などの他にも、精神を安定させたり、
胃腸の調子を整えたり、美肌や疲労回復・・・などなど、
いろいろな効能があるそうで、健康にもよさそうですね。



久しぶりの、ゆったりした時間。


8




できたばかりの赤シソジュースを飲みながら、
ZAZの曲を聴きました。


ZAZ - Si jamais j'oublie - 「もし私が忘れるようなことがあったら」



みなさま、どうぞよい日曜の午後をお過ごしください。

| | コメント (8)

2016年6月 9日 (木)

雲の上

全国各地から、梅雨入りのニュースが伝わってきますね。

雨は大切な自然の恵みだとわかっていても、
どんよりしたお天気ばかりが続くと、ちょっと気分が晴れないものです。


梅雨空には重い雲が立ち込めて・・・

1



それでも、時折、雨雲の間から、
晴れ間が顔をのぞかせたり・・・


2


私は、小さな頃から、大きな駅だとか、港だとか、
そういった場所が好きでした。

どこか遠くへ行くための出発点
未知の世界への入り口

・・・そんな雰囲気を感じて、子供心にも
惹かれるものがあったのでしょう。


もちろん、当時、日常に大きな不満があったわけではないし、
現実から逃れたい何かがあったわけでもなくて、
それはそれで楽しく過ごしていたと思うのだけれど、

『ここではないどこか』への出発口というのは
なぜだか、とても魅力的でした。


今でも、空港の国際線の出発ロビーなどは、
とても好きな場所のひとつです。

旅好きな方は、きっと同じように感じられることも
あるのではないでしょうか。



そんな気持ちを感じながら旅立った後に訪れる、
もうひとつの好きな場所は、「雲の上」


家を出る時にどんなに雨が降っていても、
空港の建物の外がたとえ土砂降りだったとしても、
一度厚い雲を抜けてしまえば、信じられないような
真っ青な空が、いつも広がっています。



3



私たちがいつも過ごしているのは、雲の下の世界。

そこでは、どんより曇ったり、雨が降ったり、
雪が降ったり、嵐になったりしています。

それでも、雲の上はいつも晴れ。
太陽だって、なくなるわけではありません。


今はこんなに土砂降りだけど、
雲の上は、いつだってまぶしいような快晴なんだ・・・

そう思うと、日常の煩わしいことや重い気持ちも
ちょっとだけ楽になる・・・

そんな場所があることを、
なんとなく、うれしく思います。

| | コメント (6)

2016年6月 5日 (日)

Rest in peace

久しぶりに戻った日本は、雨の季節になっていました。


1



嵐の中にいるような時間を駆け抜け、
大切な家族の一員を見送った米国の空は、
ほとんど毎日のように青く、清々しいものでした。


彼は、この数年の間、困難な病と治療に勇敢に立ち向かい、
精一杯闘って、そして、静かに、神のもとへと旅立っていきました。


クリスチャンだった彼は、今、神さまの側で、すべての苦しみから
解放され、平穏の中にいることでしょう。


そして、この世に残る私たちは、これからも、
それぞれの人生を生きていくことでしょう。



2




この数年間、心を寄せてくださった方々、
ありがとうございました。


この場所で、彼の愛した曲をシェアさせていただきたいと思います。



Rest in peace.

My beloved brother.

3



| | コメント (12)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »