« Rest in peace | トップページ | 日曜日の赤シソジュース »

2016年6月 9日 (木)

雲の上

全国各地から、梅雨入りのニュースが伝わってきますね。

雨は大切な自然の恵みだとわかっていても、
どんよりしたお天気ばかりが続くと、ちょっと気分が晴れないものです。


梅雨空には重い雲が立ち込めて・・・

1



それでも、時折、雨雲の間から、
晴れ間が顔をのぞかせたり・・・


2


私は、小さな頃から、大きな駅だとか、港だとか、
そういった場所が好きでした。

どこか遠くへ行くための出発点
未知の世界への入り口

・・・そんな雰囲気を感じて、子供心にも
惹かれるものがあったのでしょう。


もちろん、当時、日常に大きな不満があったわけではないし、
現実から逃れたい何かがあったわけでもなくて、
それはそれで楽しく過ごしていたと思うのだけれど、

『ここではないどこか』への出発口というのは
なぜだか、とても魅力的でした。


今でも、空港の国際線の出発ロビーなどは、
とても好きな場所のひとつです。

旅好きな方は、きっと同じように感じられることも
あるのではないでしょうか。



そんな気持ちを感じながら旅立った後に訪れる、
もうひとつの好きな場所は、「雲の上」


家を出る時にどんなに雨が降っていても、
空港の建物の外がたとえ土砂降りだったとしても、
一度厚い雲を抜けてしまえば、信じられないような
真っ青な空が、いつも広がっています。



3



私たちがいつも過ごしているのは、雲の下の世界。

そこでは、どんより曇ったり、雨が降ったり、
雪が降ったり、嵐になったりしています。

それでも、雲の上はいつも晴れ。
太陽だって、なくなるわけではありません。


今はこんなに土砂降りだけど、
雲の上は、いつだってまぶしいような快晴なんだ・・・

そう思うと、日常の煩わしいことや重い気持ちも
ちょっとだけ楽になる・・・

そんな場所があることを、
なんとなく、うれしく思います。

|

« Rest in peace | トップページ | 日曜日の赤シソジュース »

ココロとカラダ」カテゴリの記事

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

hananoさん


壁が苦手で、広いところが好きです。(柱は好きですが)
それでも、とても出不精であまり遠いところには出かけません。
わがままなものですね。

晴れの日と雨は好きですが曇り空は苦手で、おっしゃる通り、雲の上に出てしまえば日が差すのですけれどね、勝手なものです。
「荒れていても、潜ってしまえば同じだよ」と、潜水艦乗りが言っていましたっけ。

人間ですから、わがままでも善いのかなと自分には甘いこの頃でございます。


銀瀧

投稿: 銀瀧 | 2016年6月10日 (金) 12時04分

銀瀧さんnote
銀瀧さんは、きっと、壁のある狭いところがお嫌いなのですね。
私は高所恐怖症ですけど、飛行機に乗るのも、雲の上を
眺めるのも、とても好きです。
それも、勝手なものというか、不思議なものですね。
「荒れていても、潜ってしまえば同じ」という潜水艦乗りの方の
言葉、確かに、こちらも目からうろこです。
潜水艦ほどの深さに潜る機会は、なかなかないでしょうけど・・ね。
わがままでもいい・・・と、私も自分に甘い人間ですよ^^

投稿: hanano | 2016年6月10日 (金) 19時31分

hananoさん、こんばんは。

雲の上ですか・・・私も大好きな場所です。その場所にいることは新しい世界に向かう所だからでしょうか? そしてこの時間は私にとってはポケベル(懐かしいでしょうか?)も携帯が届かない場所です。しばし心が自由となる時間帯です。

雲の上と下、何も変わっていないのに、まるで違う世界ですね。嵐が吹こうが雨が降ろうが雲の上は同じなのですね。私達の心を写している様です。気持ち次第で雲の上に昇ることが何時でも可能かも知れないとふと考えてしまいました。

飛行機から眺める雲海の地平線が僅かに丸みを帯びていて、地球って丸いんだなって改めて認識させてくれます。夜明けの雲が次第に明るさを増してくる景色が大好きです。

投稿: omoromachi | 2016年6月10日 (金) 21時59分

omoromachiさんnote
「雲の上」は、omoromachiさんも大好きな場所と伺って
気持ちを共有できたようで、なんだかとてもうれしいです。
そして、日頃、病院長としてお忙しい毎日を送っておられる
omoromachiさんにとって、「電波の届かない場所」というのは
ある種の自由と心の開放を感じられる場所でいらっしゃるのでしょうね。
土砂降りの中にいる時は、その状況で気持ちがいっぱいになって
しまいがちですが、ふと、雲の上にはいつも青い空があることに
思いをはせると、心が明るくなることが確かにあります。
「地球って丸いんだ」と、改めて認識することがまた
視点を広げて、気持ちを楽にしてくれることもありますね。
私も、飛行機の中から眺める夜明けの風景は大好きです!
「この世に神様っているんだな」・・・なんて気持ちになりますshine

投稿: hanano | 2016年6月10日 (金) 23時59分

私は高所恐怖症で高いところは苦手で雲の上を知りません。が見てみたい。ができませんthink
絵仲間は海外に住む娘さんに会うためにまるで隣町に行くような気軽さで、私も誘われたりするのですが、飛行機への恐怖心は消せませんcoldsweats01
でも横に広い場所は好きなのですよ。
広~い高原とか海とか。。。
あくまで狭い日本の中の風景ですけどね。
来世は絶対に高所恐怖症などにならずに生まれてきたいものですdelicious

投稿: おキヨ | 2016年6月11日 (土) 12時31分

おキヨさんnote
実は私も高所恐怖症なんですよ~
崖の側だとか、高い建物の外の非常階段だとか、
怖くてとても近づけません。
だけど、飛行機とか高層ビルの室内とかは平気なんです。
周りが囲われていて、“フラッ”と落ちそうにならないところは
きっと大丈夫なんだと思います。
おキヨさんは、そういった場所でもやはり苦手なのでしょうか?
おキヨさんは、先入観にとらわれず、いろいろなものを楽しめる方のように
感じますので、もしかすると、飛行機もいざ乗ってみられたら、
想像以上に、空の旅を楽しめるかもしれませんよwink
広い場所はいいですね!
広~い海や高原、想像するだけで清々しいですshine

投稿: hanano | 2016年6月11日 (土) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Rest in peace | トップページ | 日曜日の赤シソジュース »