« 日曜日の赤シソジュース | トップページ | SOL Y SOMBRA ソル・イ・ソンブラ »

2016年6月19日 (日)

百年の家

数年前、書店の絵本コーナーで、たまたま見つけた本。


1


何気なく手に取ってページをめくると気に入ってしまい、
さっそく買って帰った一冊でした。


2008年に国際アンデルセン賞画家賞を受賞した
ロベルト・インノチェンティの緻密で美しい絵と
詩人で作家のJ.パトリック・ルイスの文章が、
家と人が織りなす長い歳月の積み重ねを
静かに描いていきます。



物語の語り手は、1656年につくられたという
石造りの一軒の古い家。


1900年のある日、長い間森の中で廃屋となっていた古い家は、
キノコとクリを探しに来た子供たちに見つけられ、人びとによって
修理をされ、ふたたび人間たちの営みを見守るようになります。


2


その「家」が、自分史を語るように、
1900年からの百年間の歳月を物語ってゆきます。


「家」のものがたりは20世紀の歴史です。


自然の中で人間が暮らし、果樹を育て、結婚し、やがて家族が増え、
また、家族を失い、遠い戦火に照らし出された時代を経て、
そして、家を去っていく・・・

3_2


そんな年月の積み重ねと人々の暮らしを見守る家からは、
日々の積み重ねが歴史を作るということ、また、
人間が生きていくということ・・・を感じさせられます。


4


1915年
 「緑に着飾った真夏を、花よめの介添人にして、
  丘のむすめは、じぶんで、じぶんの未来をえらんだ。」

1916年
 「丘の、春の光景は、みんなの心を明るくする。
  自然な表情がもどってくる。
  母と子が、復活祭の祝福を受けている。」

1918年(第一次世界大戦 終戦)
 「みんなが無邪気でいられた時間は、すてきだった。
  でも、短かった。」

1942年
 「破壊が、絶望が、憎悪が、犠牲者を追い立てる。
  丘のわたしを明るく照らしだす、遠くの戦火。」

1944年
 「千の太陽がきらめく戦争は、だれの戦争なのだろう?」

1967年
 「母親の柩を乗せた車が、わたしの前を通り過ぎてゆく。
  心をなくした家は、露のない花のようなものだ。」

1973年
 「いままでの暮らし方を継がない。それが新しい世代だ。
  だが、若さだけで、この家の古い石は、とりかえられない。」

6_2



1999年
 「けれども、つねに、わたしは、わが身に感じている。
  なくなったものの本当の護り手は、日の光と、そして雨だ、と。」


ページの中で語られるさまざまな「家」の言葉が、
とても印象的な物語でした。


訳は詩人の長田弘さんです。

|

« 日曜日の赤シソジュース | トップページ | SOL Y SOMBRA ソル・イ・ソンブラ »

」カテゴリの記事

コメント

家は、そこに住んだ家族の歴史を、包み込むように沁み込ませながら次世代に伝えてゆくーという感じは、特にヨーロッパの何百年も前に造られた建物に接するときに痛切に実感します。
 
 この絵本に描かれた石造りの家、ものすごく素敵ですね。

投稿: gloriosa | 2016年6月19日 (日) 20時44分

素敵で・・魅力的すぎる。美しい成り立ちの・・本
持ってる・・だけで・・リッチな気分になれるネ
朝から・・いいもの見ちゃた・嬉♡。。。。♬

投稿: jazz | 2016年6月20日 (月) 05時40分

この堅牢な絵はピーテル・ブリューゲルを彷彿させる格調高さを感じますね。

人の手で積み上げられた石造りの家、幸福な人々の暮らし。誰も奪うことのできないはずなのに。。。

ほんとうに、誰のための戦争なのでしょう。
戦争の年号が書かれているので私の年代には身近なことに思えます。

投稿: おキヨ | 2016年6月20日 (月) 13時01分

gloriosaさんnote
そうですね、ヨーロッパの国々では、家に対する考え方も
日本とはずいぶん違うようですね。
イギリスなどでは築100年といった住宅も普通でした。
何百年も経た建物は、その空間で繰り広げられた歴史や
出来事、時間の流れを見守ってきたようで、生き物のようにも感じられます。
この絵本の絵は、ずっと眺めていても飽きませんよ^^


jazzちゃんnote
緻密で素敵な絵と深みのある文章は、どちらかというと
大人向けの絵本・・といった印象かな。
版も大きくて、細かく風景が描き込まれた1ページ1ページは
ずっと眺めていても飽きないような感じです^^


おキヨさんnote
すぐにブリューゲルを連想されるとは、さすが画家の
おキヨさん!・・・と思いましたが、確かにそのとおりですね。
絵本ですが、その絵柄も文章も、大人向けといった印象です。
石造りの家が眺めてきた20世紀の歴史は、おキヨさんにとっても
身近な時代だったことでしょうね。
ひとつひとつの言葉が深く感じられます。


投稿: hanano | 2016年6月20日 (月) 19時19分

こんばんは(^^♪
絵も中身も厚みのある「絵本」のようですね。
大人向けなのでしょうか・・
子供たちにも、こういうしっかりした絵を見せることこそ
大事なのかもしれないと思ったりして。

ご紹介ありがとうございますbook

投稿: はなのいろ | 2016年6月20日 (月) 22時02分

はなのいろさんnote
こんばんは^^
そうですね、クオリティの高い緻密な絵と深みのある言葉は、
大人向けの絵本といった印象です。
もちろん、子供は子供なりに感じるものはあると思います。
年齢を問わず、本当に質の良いものに触れることは大事なのでしょうね。
こちらこそ、コメントどうもありがとうございました。

投稿: hanano | 2016年6月21日 (火) 19時17分

細部に書き込まれた絵、眺めてるだけで楽しそうです。
畑とか、人々とか、結婚式かなーとか。
石のお家、二階の窓はドアみたいに大きいとか。明かりとりかな?
いつも素敵なお話をしてくれるhananoさん。ありがとうございますconfident

投稿: ここは | 2016年6月23日 (木) 17時58分

ここはさんnote
緻密に描き込まれた絵の中の人々や家の様子、
周りの風景などの細部をじっくり眺めていると、
そこで暮らしている人たちの生活が伝わってくるようで、
とても楽しいですよ^^
大人が楽しめる絵本なのでしょうね。
こちらこそ、いつもご訪問いただいてありがとうございますhappy01

投稿: hanano | 2016年6月23日 (木) 19時03分

hananoさん


東京の盂蘭盆会は7月です。
本日13日はお盆の入りです。


善いお話ですね。
お盆に読んでも好いお話。

絵本は装丁も丁寧なものが多く、老若男女問わず楽しめる、また何処となく、齢に応じて考えさせられるところがまた魅力的ですね。

美術であり、書籍であり、手触りも心地よいものがあります。不思議ですね。

特に1999年の言葉は、やはり最後は「そこ」なんだな。
我々は、おのずと限りあるもの。

善い絵本ですね。


銀瀧

投稿: 銀瀧 | 2016年7月13日 (水) 18時33分

銀瀧さんnote
盂蘭盆会の時期も地方によって違うのですね。
東京では7月13日がお盆の入りですか。
銀瀧さんはお盆には何か特別なことをされるのでしょうか。
(静かで美しい時間を過ごしていらっしゃるようなイメージですが・・^^)
私が京都に住んでいた頃は、この時期は祇園祭のシーズンで、
お盆といえば、大文字の送り火の印象でした。
絵本の魅力、銀瀧さんのおっしゃるとおりです。
描かれている内容も当然のことながら、美術的な美しさや
装丁のていねいさにも惹かれるものが多いですね。
この絵本は、言葉も詩的でよかったです。

投稿: hanano | 2016年7月14日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜日の赤シソジュース | トップページ | SOL Y SOMBRA ソル・イ・ソンブラ »