« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月 9日 (土)

SOL Y SOMBRA ソル・イ・ソンブラ

もうずいぶん昔、スペインのバルセロナかマドリッドだったか
忘れてしまったけれど、一度だけ、闘牛を見たことがありました。

スペインでの闘牛のシーズンは、3月半ばのバレンシアの火祭りから
10月のサラゴサのピラール祭までの春から秋にかけてだそう。

特に、真夏の強い日差しの下で繰り広げられる雄牛と闘牛士の
命懸けの舞台と場内の熱狂は、古典的なスペインのイメージでもありました。



1


ピカソやゴヤが愛し、描いた闘牛は、
〝ARTE(芸術)〟であるとも言われます。

生死をかけた芸術的な闘牛士の技や表現と、
血を流し〝名誉ある死〟を迎える雄牛。

そんな闘牛に、ガルシア・ロルカやヘミングウェイ、ジャン・コクトーなど
多くの作家や詩人たちもまた、魅せられました。


2

        ゴヤ 「ラ・タウロマキア(闘牛技)」


ただ、「生と死をかけて・・・」といっても、最後には雄牛は必ず倒され、
殺された牛の身体は、飾られた馬たちによって場外へと引かれて行きます。
(その後、食肉に加工されます)

たとえ雄牛が闘牛士を殺したとしても、最終的に牛は殺される運命にあり、
そういう意味では、闘牛とは『牛を死に至らしめる過程を見せる見世物』
とも言えるのかもしれません。


3

             マネ 「闘牛」 



近年は、動物愛護団体からの批判が強まり、スペイン国営放送は
テレビでの実況中継を中止しました。
カタルーニャ州では、2012年から州内での闘牛が禁止されています。

〝残酷〟な方法で牛を殺し、闘牛士自身の生命にも危険を及ぼす闘牛を
動物愛護の観点から批判する感覚は、私たち日本人にも理解しやすい
ように思えます。

一方、擁護派は、「闘牛はスペインの歴史ある象徴的な文化であり
芸術であって、それを禁止することは文化を壊す行為だ」として
反対派を批判しているそうで、「闘牛の禁止は自由の制限を意味する」
とも主張しているようです。

「闘牛が嫌いなら、見なければいい」という排他的すぎる意見は別として、
「家畜をひどい環境で飼育して食用にするのはいいのか」という問いには
単純に答えることが難しいようにも感じます。

擁護派の人々は、「家畜は何の名誉もない死を迎えるが、
闘牛用の牛たちは名誉ある死を迎えている」と考えているとも聞きました。



そして、ふと思いました。

名誉ってなんだろうと。
闘牛で殺された牛たちは、その〝名誉〟を感じているのでしょうか。

また、食べ物を口にする時、よく私たちは、
「『いただきます』は、『命をいただきます』ということだから、
感謝して食べないといけない」・・・などと言うけれど、
もし私が動物だったら、「感謝なんかしてくれなくてもいいから、
食べないでくれ」と思うに違いないと。

けれど、ベジタリアンでもビーガンでもない私は、
日々、動物の命を〝楽しんで〟食べています。

結局は、名誉だとか、感謝だとかは、
人間の自己満足に過ぎないのでしょうか。




・・・・ちょっと、話が逸れました。


もちろん私にも、闘牛は単なる〝牛殺し〟ではなく、
一種の伝統的な様式美であって、スペイン人の美学や
深い精神性が秘められたものであろうことは想像できます。

生と死を扱う儀式的な行為と緊迫感の中から生まれる
芸術的な何かもきっとあるのでしょう。


ただ、私自身、実際に目の前で闘牛を見た時の率直な感想は、
想像していたような華麗で情熱的な舞台というよりも、
人間が牛を無残に痛めつけ、闘争心を無理に煽っているようで、
とても痛々しく、楽しむことも気持ちが乗ることもできませんでした。

たった一度の経験で断言することは難しいかもしれませんが、
少なくともその時、私には闘牛の「本質」は理解できなかったのでしょう。

海外での生活を送り、時にはそちらの方が快適に感じることが
あったとしても、やはり私は日本という国に生まれ育った日本人であって、
本当の意味でのスペイン人(の一部かもしれませんが)のメンタリティは
理解できないんだ・・・と、その時、強くそう感じました。


とはいえ、数年前の調査では、スペイン国民の半数以上が
「闘牛に無関心」もしくは「好きではない」と答えているそうで、
国内での闘牛人気は衰退しているようです。
その一方、52%の人が闘牛がスペインにあり続けることを望んでいる
とのことで、ここに、複雑な感情をくみ取れるような気がします。


また、カタルーニャ州での闘牛の禁止は、動物愛護の観点のみからではなく、
独自の言語と文化を持ち、スペインからの独立を願う同州が、
そのアイデンティティーを強調するため・・・という見方もあるようです。



「闘牛は命を残酷に奪うもの」という反対派と、
「独自の歴史や文化を守り尊重すべき」という擁護派、
はたしてどちらの意見が正しいのか、何が正しくて何が間違っているのか、
実は、私にはよくわかりません。

そしてそれは、立場や時代によって変わってくるものなのかもしれません。



私自身には残酷に感じられ、精神的に受け入れにくかった闘牛ですが、
ただひとつ、強く興味を惹かれたことがありました。


それは、闘牛が始まる時間。

闘牛の開始時刻は季節によって違い、日没のおよそ2時間前、
闘技場が、日向(SOL:ソル)と日陰(SOMABRA:ソンブラ)に
ちょうど二分される時間に始められます。

強い太陽の光が、円形の闘牛場を日向と日陰の二つに分ける時、
始められる生と死の舞台。

それは、あたかも、生と死、光と影、豊かさと貧しさ、成功と挫折、
希望と絶望など、相反するものの象徴のように感じられます。

ゲーテの言葉のとおり、「光が強ければ影もまた濃い」のでしょう。



スペインの作家、ホセ・ベルガミンは
「光(ソル)と影(ソンブラ)の間、
闘牛士(トレロ)と雄牛(トロ)の間には
名前のない神がいる」・・・と記しました。



神とはなんだろう。

相反するものの間には何があるのだろう。

そう思う出来事が世界のあちこちで起こっています。


人間の、世界の、人生の
光(ソル)と影(ソンブラ)の間には、何があるのでしょうか。
 

4

 

| | コメント (16)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »