« 青い車 | トップページ | Black dot »

2016年9月22日 (木)

Fight Song

今日は秋分の日。

私の地方では、台風一過・・・とはならず、小雨の降る曇り空でした。


温帯低気圧となった台風16号は各地にその爪痕を残しましたが、
みなさまのお住まいの地域は、大きな被害はなかったでしょうか。




さて・・・

今日の記事のタイトル「Fight Song」は、アメリカのシンガーソングライター、
Rachel Platten(レイチェル・プラッテン)の曲。


1


1981年にボストンで生まれたレイチェルは、大学卒業後
ミュージシャンを志してニューヨークへ行き、2003年にデビューしました。

その後、地道な活動を続けますが、なかなかヒットには恵まれず、
長い下積み生活が続きます。



30歳を超えて、夢をあきらめそうになった時、

「もう1曲だけ書いて、あきらめるか、もっと頑張るか、決めよう」
・・・と、自分を奮い立たせて作った曲が、この「Fight Song」でした。



彼女自身の気持ちを率直に歌ったこの曲は、
2015年、全英シングル・チャート1位、全米シングル・チャート6位に輝き、
世界的な大ヒットとなりました。




私自身も、この曲と歌詞に、ずいぶん励まされました。


人はみんな違う人生を生きているけれど、
その歌詞は、それぞれの境遇や状況に応じて
力を与えてくれる言葉となるのでしょう。



今日は、私の拙い訳ですが、歌詞を日本語にしてみました。

この曲を、ここを訪れてくださる方々と共有できれば嬉しいです。






(*1)大海に浮かぶ 小さな舟が
   大きな波を送りながら 動くみたいに
   たったひとつの言葉でも 
   心を開かせることができるように
   私は1本のマッチしか持っていないかもしれないけど
   爆発を起こすことはできるわ

(*2)私が言わなかったことすべて
   頭の中の解体工事用の鉄球
   それを今夜は大声で叫ぶわ
   今度は私の声が聞こえる?

(*3)これは私の闘いの歌
   自分の人生を取り戻す歌
   私は大丈夫だって証明するための歌
   力が湧いてくる
   たった今から 私は強くなる
   私の闘いの歌を奏でる
   誰も信じなくても全然かまわないわ
   だって 私の中にはまだ たくさんの力が残っているから

   友達をなくして 眠れなくて
   みんなが私のことを心配してる
   深みにはまって
   一人で抱え込んで
   もう2年にもなるわ
   故郷が恋しい
   だけど 私の中には燃える炎がある
   だから まだ信じてる
   私は まだ信じてる

 (*2)
refrain
 (*3)refrain
 (*1)
refrain
 (*3)refrain


|

« 青い車 | トップページ | Black dot »

ココロとカラダ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

hananoさん、こんばんは。

残念ながらRachel Plattenさんのこと知りませんでした。でもhananoさんから教えてもらったからこれでいいのかなとも思っています。

本当にいつも素敵な曲を紹介してくれるので、嬉しいのです。きっとこのブログで紹介してくれなければ、知ることもなかった曲です。

「Fight Song」・・いい曲ですね。唄には力がありますね。 どんな時でも自分を信じることが大切ですね。どんなに辛くなっても自分を信じて夢を信じて・・・そして自分が他と繋がっていること、1人ではないことを思い出すことが必要だと思います。

世界に1人しかいない私、そして大切なあなたです。

投稿: omoromachi | 2016年9月23日 (金) 23時24分

omoromachiさんnote
いつもブログをご訪問いただいて、コメントをありがとうございます。
omoromachiさんとこの曲を共有できたこと、とてもうれしく思います。
ちょっと聞いた感じでは、よくあるアメリカ的なポップソングといった
印象なのですが、聴けば聴くほど、胸に沁みて力が湧いてくるような曲でした。
癒しや慰めでは乗り越えられないことも、時にはありますよね。
自分の気持ちを鼓舞させて、自分の中の力を信じて、
まっすぐ前を向いて進まなければならない時が。
人は一人であって、一人ではないのですね。
それを理解している人は強く優しいのでしょうね。

投稿: hanano | 2016年9月25日 (日) 12時28分

hananoさん


いつの間にか、暗くなるのが早くなりましたね。
日が詰まって参りました。

昼と、夜、同じ時間が春分秋分。
人の都合は関係ありませんね、自然は正しい。


美術家は、音楽家に憧れるものです。
キャンバスも絵具も必要とせず、
内的集中のみで作り上げる彼らは魅力的ですね。

hananoさんは詩人ですね。
歌詞の翻訳も、相変わらず秀逸ですね。

そんなhananoさんに、少し先になりますがお願いしたいことがございます。
お仕事、プライベート共にお忙しいhananoさんへお願いするのは心苦しい気もするのですが、
勿論、ご了承いただければの話です。

そのうちに。


銀瀧

投稿: 銀瀧 | 2016年9月25日 (日) 20時48分

こんばんは^^
音楽と早速聴きながら書いております。
私は英語が全くできないので(爆)
hananoさんの詩と彼女の音と響きとで。。
不思議と、hananoさんのかけらに触れているみたいな、そんな気持ちになります。そして自分に重なるそんな部分を持つけたりして、勝手に(笑)励まされたり。
いつも感謝です^^ 

投稿: ここは | 2016年9月25日 (日) 22時41分

Hananoさん こんにちは。
外国語に堪能だと世界観が広く大きいでしょうね。
このような詩を国語と変わりなく聴けるのは羨ましいnote
自分に絶対的な自信があると、くじけそうになっても頑張れる気力を保てるのでしょう。
誰でもそうですが自信を持ち続けることが大切ですね。
この歌手、当然?^^私は知りませんが、
綺麗な声とチャーミングな容姿という
自分を信じられる絶対条件を持っているのですもの。

投稿: おキヨ | 2016年9月26日 (月) 12時42分

銀瀧さんnote
秋分の日を境に、これからはどんどん夜が長くなりますね。
秋の夜長を楽しむのもいいのでしょうけど、サマータイムの国の
長い昼間や、北欧の夏のいつまでも暮れない空が好きな私は
ちょっと寂しく感じてしまいます。
美術家、音楽家、作家・・・それぞれにジャンルは違いますが、
自分の中から新たなものを生み出すことができる方々は
そういった才能のない私にとっては憧れです。
歌詞の翻訳をお褒めいただいて恐縮ですが、もとの意味を
できるだけ伝えたいこともあり、ほとんど直訳のような拙いものです。
ところで、銀瀧さんからのお願いってなんでしょう?
できるかぎりお役に立てればと思っていますので、
またその時にはお知らせくださいね。


ここはさんnote
こんばんは^^
早速音楽を聴いてくれてありがとう~
英語力はまだまだの私ですので、気の利いた表現もない、
ホントに拙い直訳のようなものですけど、音と言葉が
少しでもここはさんの心を励ますことができたのなら、
本当にうれしいです。
こちらこそ、いつも温かいメッセージに感謝ですconfident


おキヨさんnote
こんばんは^^
英語は仕事でも使う機会が多いのですが、実際のところ
まだまだで、自分の力不足を痛感する日々です。
きっと、母国語ではない言葉をマスターすることに
ゴールはないんだろうな、と思っています。
くじけそうな時、心が折れそうになった時は、人間は
自信も失ってしまいがちですよね。
私は弱い人間ですので、時に自分自身を信じられなくなったりも
してしまいます。そんな時、この曲は力を与えてくれました。
自分を信じ続けることができれば、きっと人は乗り越えていけるのでしょうね。


投稿: hanano | 2016年9月26日 (月) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青い車 | トップページ | Black dot »