« SOL Y SOMBRA ソル・イ・ソンブラ | トップページ | Fight Song »

2016年9月 3日 (土)

青い車

さまざまな出来事が起こって、時間が流れて、ふと気付くと、

もう夏の終わり、秋の始まりになっていました。


季節の巡りは早いものですね。

ここを訪れてくださる皆様は、どんな夏を過ごされたことでしょうか。




水族館の青い水母

1_2



海をそのまま連れてきたようです。





「青い」・・・といえば、

突然その歌詞が浮かんできて、
本当に久しぶりに聴いた、いえ、聴きたくなった曲

スピッツの「青い車」


もう20年以上も前、1994年リリースの曲です。

あまり日本のグループの音楽は聴かなかった私ですが、
この曲を含め、彼らの音楽には好きな曲がいくつかありました。



当時の私は正真正銘に、もう本当にとても若くて、

この歌を聴く時は、例えば、車の窓をいっぱいに開けて、
大好きな彼の隣で風を感じながら、まっすぐな道を
ひたすら走っている時のような、

『生きていくのには大変なことがいっぱいある』と頭では
わかっていても、その実、深刻な疑問なんて何も持たないで、
若さと、その先に続く見えない程長い時間と愛情だけで
胸をいっぱいにしているような、

今思えば、眩しいような無謀なような、単純な、

そんな気持ちを抱いていました。




抽象的な歌詞は、「心中」を示唆したものだ
・・・なんて解釈する人がいることは
ずいぶん後になって知ったのですが、

私はそうは思いません。


あの頃からずいぶん長い時間が経って、
いろいろなことが変わって、

今も悩んだり、苦しんだり、行き詰ったり、迷ったりして、

『生きていくのには大変なことがいっぱいある』とも
それなりにわかってきたかもしれません。


改めてこの曲を聴いてみると、
歌詞に込められたひとつひとつの意味がより際立って、
言葉が深い広がりを持って、時に苦しく、心に落ちていきました。


それでもやっぱり、この世界の根底に流れる
ポジティブな空気を感じるし、
言葉のひとつひとつに自分の心を反映させると、

「永遠に続くような掟に飽きたら、シャツを着替えて」、
「輪廻の果てへ飛び降りて」、大好きな人と、
風を切ってどこまでも車を走らせていこう
というような気持ちは、変わらないな・・・なんて
改めて思ったりしたわけです。


  「君の青い車で海へ行こう
   おいてきた何かを見に行こう
   もう何も恐れないよ
   そして輪廻の果てへ飛び下りよう
   終わりなき夢に落ちて行こう
   今 変わっていくよ」

|

« SOL Y SOMBRA ソル・イ・ソンブラ | トップページ | Fight Song »

音楽」カテゴリの記事

コメント

hananoさん


歳を重ねるのは善いことですね。

私も最近、ようやく解ってきたような・・・。

秋はよいです、これからよい季節になります。
まだまだお楽しみはこれからです。


銀瀧

投稿: 銀瀧 | 2016年9月 4日 (日) 11時43分

こんにちは。
私もスピッツが大好きで、車の中で聴いています。
だんだんと、先が見えてきた人生ですが、
それでも、終わりなき夢を見て走り続けていこうと言う気持ちは、失いたくないなと改めて思わされました。
息切れだけが心配ですが^^;
クラゲの青い世界、素敵ですね。

投稿: kiri | 2016年9月 4日 (日) 11時44分

こんばんは。
青い水母、、クラゲって、海月姫、海月、漢字表記が色々あるんだなぁって、変換候補みて気が付きました。
水母、美しいですね。

青って、私には知的で冷静さとか静寂なイメージがありますが、それが能動的な『車』のアイテムと合わさると、
ポジティブな『確信犯』の感じが際立つなぁ、なんてふと思いました。
スピッツ、懐かしいですhappy01
昔聞いていた曲を聴き返すって、よいですね〜。

投稿: ここは | 2016年9月 4日 (日) 20時23分

hananoちゃん  

こんばんは。

水母のお写真、涼しげでちょっと寂しい感じがします。
夏の終わりですね。。。

スピッツ!この曲、懐かしいですね。
なんだか、あの時代に戻ったような感じがします。
深い意味は考えたことなかったですが、改めて聴くと何だか複雑ですね。
でもhananoちゃんのおっしゃるように、私もポジティブにとらえたいな♪

投稿: snufkin♪ | 2016年9月 4日 (日) 20時31分

銀瀧さんnote
そうですね、「歳を重ねるのは善いこと」・・と
思えるような時間を積み重ねていけたら、幸せだと思います。
時には、年を重ねたからこそ、臆病になったり、
希望を見失いそうになってしまうこともありますが、
「まだまだお楽しみはこれから」ですものね。
いつも素敵なコメントありがとうございます。


kiriさんnote
こんばんは^^
kiriさんもスピッツお好きですか。嬉しいです。
だんだん先が見えてくる頃になると、人は、焦ったり、
現状に疑問を感じてしまうようになるのかもしれませんが、
息切れせずに、やっぱり前を見て走って行きたいですね。
久し振りにこの曲を聴いて、改めてそう思いましたconfident
水母、見ているとなんだか癒されますね。


ここはさんnote
海月姫、海月、水母・・・どれも当て字なんでしょうけど、
さまざまなイメージが浮かんできて美しいですね。
漢字文化圏に生まれてよかった!なんて思ったりしてwink
知的で静かなイメージの「青」と動的な「車」の組み合わせ、
ここはさんの感性が鋭くて、感心しましたshine
昔よく聴いていた曲を改めて聴きかえすと、すぐに
その当時の気持ちが甦ってくるようですね。


snufkin♪さんnote
日に日に、日が暮れるのが早くなって、夏の終わりは
どこか寂しく感じますね。
そんなことも感じずに、水母はただゆらゆら漂っているのかなぁ・・・
スピッツの曲、懐かしいでしょう!
昔よく聴いていた曲を聴くと、すぐにその当時へ戻ったかのような
気持ちにしてくれるよねhappy01
改めて歌詞をゆっくり拾ってみると、結構複雑な世界だけど、
お互い、ポジティブさを信じて進んでいきましょうね^^

投稿: hanano | 2016年9月 4日 (日) 23時52分

お久しぶりでした。
少々重ねすぎたきらいもありますが、”年を重ねるのは良いこと”・・・私もそう思いますね。
無鉄砲だったり生意気だったりの若い頃の自分が許せる年になっています。
そして、静かに時の流れに従えるようになりましたが、決して自身の歩みを止めてしまったわけではありません。
ゆっくりとじっくりとを楽しめるようになっています。
私自身は高齢の今が人生で最も豊かな刻ではないかとさえ思ったりします。

ただネ、現実として加齢とともにいろいろと病気が押し寄せますね。wobbly

投稿: おキヨ | 2016年9月 5日 (月) 11時52分

おキヨさんnote
ご無沙汰しておりました^^
体調が優れない中、ご訪問くださり、
コメントをありがとうございます。
折々におキヨさんの言葉を伺うと、いつも
「年齢を重ねるのはいいことなんだなぁ・・」と感じます。
「自分を許して」「ゆっくりとじっくりとを楽しめる」ように、
私もそんなふうになってゆきたいものです。
数十年後に、「今が人生で最も豊かな刻」と思えるように・・・
確かに、年齢を重ねた精神の豊かさや深まりと体力とは、
残念ながら正比例していかないものでしょうが、
お身体とうまく付き合いながら、くれぐれもご自愛くださいね。
いつまでも魅力的な人生の先輩でいてください。

投稿: hanano | 2016年9月 5日 (月) 22時59分

hananoさん、こんばんは(^^♪

青い水母の、美しいでも少し物悲しいお写真が
何かを物語っているようでもあり。

スピッツのよく耳にだけはしていた曲
「青い車」というのですね。
世代が違うといえばそうなんですけど・・・
改めて歌詞を知ると(メロディーと歌詞が結びつくと)
深いものがありますね。
スピッツファンが多いのが頷けます。

ポジティブに生きる
そう、はなのいろの座右の銘は
「すべては心の持ち方次第」ですconfident

季節の変わり目
どうぞご自愛くださいませね♡


投稿: はなのいろ | 2016年9月 7日 (水) 23時08分

はなのいろさんnote
とても澄んできれいなものって、確かに、どこか
悲しさを感じさせるような気がしますね。
年齢やその時々の気持ちでさまざまな解釈ができるもの、
違った受け取り方ができる深さを秘めたものは、
物語でも、映画でも、歌でも、時の流れに流されない
魅力がありますよね。
「すべては心の持ち方次第」、すばらしい座右の銘です!shine
幸せになるためには、幸せに対する高い感度が必要ですものね。
はなのいろさんもお身体に気を付けて、来たる秋を楽しんでくださいねwink

投稿: hanano | 2016年9月 8日 (木) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SOL Y SOMBRA ソル・イ・ソンブラ | トップページ | Fight Song »