« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

ワヤン・クリ(Wayang Kulit)

旅が大好きです。


もちろん国内旅行も好きですが、やはり心が弾むのは、
文化も習慣も全く異なった、海外の未知の国々へ出かける時。


これまでも、いくつかの国を訪ねましたが、
とても興味があるけれど、まだ訪れたことのない国もたくさんあります。


その一つが、インドネシアです。

特に、ガムラン音楽や舞踊など、バリの伝統的な文化や芸術に
触れることができるという「ウブド」は、ぜひ一度行ってみたいと
長年熱望している憧れの土地です。


このブログを訪問してくださるみなさんの中には旅行好きな方が
多くいらっしゃるので、インドネシアを旅されたことのある方も
きっといらっしゃることでしょう。

私にとっては、まだ訪れたことのない国ですが、
仕事を通じては、インドネシアの方と接する機会が時々あります。


仕事を通じて・・・と言えば、海外の国をビジネス等で訪問する際、
お土産を持参するかどうか、または、どの程度のものを持っていくかは、
私の経験(そう多くはありませんが・・)を振り返ってみると、
国によって結構差があるように感じます。

そんな中で、インドネシアは、かなり、
「お土産文化」の国のような気がしています。



・・・なんだか、前置き的な話がすっかり長くなってしまいましたが、

今日は、しばらく前に来日したインドネシアの方からいただいた
ちょっと変わった「お土産」をご紹介したいと思います。



*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。



みなさんは「ワヤン・クリ(Wayang Kulit)」をご存知でしょうか?


インドネシアのジャワ島やバリ島で行われる、人形を使った
伝統的な影絵芝居のことで、「ワヤン(Wayang)」は「影」を、
「クリ(Kulit)」は「皮」を意味するそうです。

なぜ「皮」なのかというと、影絵芝居で使われる人形が
牛の皮でできているからだとか。

その演目は、「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」など、
古代インドの叙事詩をベースにアレンジされたもので、
現地ではガムランの音色とともに、夜を徹して上演されると
聞きました。



この影絵芝居に、私は以前からかなり興味を持っていたのですが、
その人形を、ある時「お土産」としていただきました。




1_3


名前の由来どおり、人形は革製で、
持ち手となる棒の長さを入れると70センチくらいです。

ワヤン・クリにはたくさんの登場人物がいて、さまざまな種類の人形が
あるそうですが、上の写真の人形は、くださった方によると
「warrior(戦士)」だとか。



全体に細かい穴がたくさん開いていて、
これが影絵となった時に、繊細な細工模様のシルエットとして浮かびます。


2_2



ワヤン・クリの上演では、石油ランプの前に白いスクリーンが張られ、
その間で、ダランと呼ばれる人形遣いが、たった一人で
数々の人形を操ります。

ダランは人形だけでなく、語りや効果音も担当し、
その後ろでは、複数の演奏者によるガムランの伴奏が行われます。



人形の中心についている長い棒は、
スクリーンの前にある座に突き刺すためのもの。

こうすると、人形遣いが一人でも、複数の人形を
スクリーンに登場させておくことができます。



こちらの人形は、
たぶん「スマル(Semar)」というキャラクター。


3


ワヤン・クリの主役となる人形は概して細身なものが多いそうですが、
このスマルは、不気味な表情に不格好なスタイルと、
ちょっとグロテスクです。


その異様な姿形に、いただいた時にはちょっと驚きましたが、
スマルは「マハーバーラタ」に登場する勇者アルジュノの従者で
道化師で、守護者でもあるとのこと。


こんな外見ながらも、なかなかの役者らしく、
例えば、夜通し上演されるワヤンで、深夜に観客たちが
眠気を催してきた頃、場面転回でスマルが登場し、
滑稽な問答や痛烈な風刺で観客の眠気をさましたり、
笑わせたりする重要な役割を担っています。


また、スマルは、実は宇宙を支配する最高神ブトロ・グルの兄で、
自身も偉大な力を持つ神であって、人間を守護するために
地上に降りた姿だとも言われているそうです。



そう聞くと、少し違って見えてくる・・・かな?



4_2




ところで、影絵芝居なのに、どうして人形には
鮮やかな彩色がされているのか?
・・・と思った方もいらっしゃるかもしれません。



普通、影絵芝居を見る場合、観客はスクリーンを挟んで、
人形とは反対側から鑑賞することになります。


けれど、ワヤン・クリの場合は、石油ランプの灯りを背景に
人形のシルエットが映るスクリーンの表側と、ダランが
人形を操る裏側の両方から見ることができるのです。


そして、影の映るスクリーンの表側は「現実の世界」や「現世」を、
美しく彩色された人形をダランが操る裏側が「異世界」や「あの世」を
表すと言われています。



影絵の幻想的な様子は、一見「異世界」を思い起こさせますが、
インドネシアの人々の感覚では、「あの世」の方が美しく色鮮やかな
世界で、その影が「現世」なのでしょうか。


表側からか裏側からか、それは観客の好みで自由なようですが、
聞くところによると、インドネシアではダラン側から観るのが
人気だとかいうことで、こちらも興味深いです。




さて、最後に、「結局、実際のワヤン・クリってどんなもの?」
・・・という方のために、YouTubeで見つけた動画をご紹介します。


スクリーンの表と裏側の様子がわかって、実際のワヤン・クリを
見たことがない私も、雰囲気が想像できました。



そして、もう一つ。

こちらはジャカルタのMuseum Wayang(ワヤン博物館)がアップしている動画です。



2時間以上あるので、絶対最後まで見られない気がしますが
(もちろん、私も見てません^^; )、夜通し行われるワヤンの演目は、
あらすじがあるだけで、物語もゆったりしているため、
途中で1時間くらい眠ってしまっても大丈夫なんだとか?


ガムランの音色の中で、うつらうつらと居眠りしながら、
ふと眼を覚ましては、また影絵の世界へ入っていく・・・

そんなゆったりした幻想的な時間が流れる夜には憧れますね。



なので、動画を見ている途中に眠り込んでしまっても、
きっと大丈夫ですよ(笑)

| | コメント (6)

2016年10月22日 (土)

ケイトウの花と風邪の気配

夏から秋にかけて花を咲かせる「鶏頭(ケイトウ)」

雄鶏のトサカのように見える花の形から
その名前がついたと言われています。


実は私、ケイトウの花は苦手です。

よく花屋さんで見かけるキャンドルタイプの円錐形のものはまだいいとして、
まさにニワトリのトサカそのもののような濃い赤のトサカケイトウは、
ちょっと気持ち悪い気がして好きになれませんでした。


・・・と、思っていたら、先日ピンク色のケイトウの花を
おすそ分けでいただきました。



0

 

優しい色合いのピンクのケイトウ

小さなガラスの器に淡い色の草花と飾ると、
可愛らしい雰囲気になりました。

これなら、ちょっと好きになれそうです^^




ところで、ここしばらく、急に肌寒くなってきたな、と思ったら、
日中に少し暑く感じる日もあったりで、気温の変化が大きいですね。


数日前から夫が「喉が痛い」と言っていたのですが、
それが私にもうつったのか、一昨日くらいから、
熱もないし、仕事を休むほどではないけれど、
なんとなく、だるくてしんどい・・・



そんな感じで週末を迎えて、
お天気のパッとしない土曜日。

“風邪の気配”のうちにゆっくりと体を休めて、
本格的な風邪にならないように注意して、
また週明けからの忙しい日々にそなえよう・・・

と、今日は思い切って外出の予定をキャンセルして、
家で静かに過ごすことにしました。



風邪っぽいな・・・と感じた時、私はいつも
いくつかしていることがあるのですが、

まずは、水分とビタミンCをたっぷりとって、
濡れマスクをして、とにかく、ぐっすり寝る!


ビタミンCはサプリメントでも取りますが、それに加えて、
今朝は、小松菜とリンゴ、キウイ、バナナ、生姜に
マヌカハニーを少し加えたグリーンスムージーを飲みました。


01



生姜は体を温めてくれるし、マヌカハニーの高い殺菌作用は
喉の痛みにも効くようです。

小松菜やほうれん草などの葉物野菜を使ったグリーンスムージーは人気ですが、
硝酸態窒素の危険があるとも言われているので、私は念のため、
いつもお酢を入れたお湯でさっと茹でてから使っています。


ミキサーに入れて数十秒で完成♪

02_4


フルーツ多めのスムージーは、やっぱり飲みやすくて
おいしいですね。




そして、午後には、PCに向かいながら、
エキナセアのハーブティー。


03


風邪の予防にいいと言われるエキナセアですが、
我が家ではサプリメントの他に、「生活の木」のエキナセアの
ハーブティーを常備薬のように大袋で買い置きしていて、
ちょっと風邪気味かな?・・・と思った時には必ず飲んでいます。

職場にも持って行っていますが、オレンジやシナモン、ジンジャーなどが
ミックスされたスパイシーで甘い香りで、飲むとポカポカ体が温まります。


そして、さらに、もうひと押し・・・という時には、ツムラの「葛根湯」

「葛根湯」の宣伝をするわけではありませんが、
体質なのかどうか、私にはこれがとても合うようです。



こんな感じの対策で、熱が出たり寝込んだりするような
本格的な風邪はめったに引かないのですが、
今回も軽い喉の痛み程度で終わりますように・・・



寒暖差のある季節の変わり目は風邪を引きやすいものですね。

みなさまもどうぞご自愛ください。

そして、「これは風邪対策に効く!」というアイディアがあれば
ぜひ教えてくださいね♪



| | コメント (12)

2016年10月16日 (日)

Black dot

少し前、海外の友人から、SNSを使って
一つの動画が送られてきました。

今は遠く離れている彼女からの
「あなたとシェアしたいと思って」・・・というメッセ―ジとともに。



シンプルなイラストに英語の字幕のついた2分足らずの動画ですが、
今日はこのお話を紹介させていただきたいと思います。
  (日本語訳は、またまた「自己流」ですが・・・)



*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。



ある日、教授が学生たちに、抜き打ちテストをすると告げました。



1_2




彼は、いつもどおり、問題用紙を裏向きにして配りました。

全員に配り終えると、表を向けて始めるよう学生たちに言いました。


2



みんなが驚いたことに、そこには問題は書かれておらず、
真ん中にひとつの黒い点があるだけでした。


「そこに見えているものを君たちに書いてもらいたい」
そう、教授は言いました。


学生たちは、戸惑いつつも、その不可解な課題にとりかかりました。



3



授業の終わりに、教授は、学生たち全員の前で
それぞれの答えを声に出して読みました。

すべての答えは例外なく、紙の中央にある点の位置を説明しようとするなど、
黒い点について記述したものでした。



すべてが読み終えられ、静かになった教室で、
教授は話し始めました。


4



「私は、これで君たちを採点するつもりはない。
ただ、君たちにちょっと考えるきっかけを与えたかったんだ。

誰も、この紙の白い部分について書いた者はいなかった。
みんな、黒い点に注目していた。」



5



「我々の人生だって同じことだ。
いつだって、黒い点に目を向ける。

我々の人生は、愛と思いやりとともに、神様から与えられた贈り物だ。
いつも祝福するべき理由がある。

けれど、我々は暗い部分にばかり目を向けようとする。
健康に関する悩みや、お金がないこと、ややこしい家族関係、
友人に失望すること、など・・・」


6



教授は続けました。

「我々が人生の中で持っているすべてのものと比べると、
暗い点はとても小さい。
けれど、それらは私たちの心を汚していく。」


「君らの目を、人生の黒い点からそらしてごらん。

人生が与えてくれる恩恵のひとつひとつと、
人生の一瞬一瞬を楽しみなさい。」



7




*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。



最後に、同じ動画をYouTubeで見つけたので、
貼り付けておきますね。

 




それではみなさま、明日からの一週間も
お元気でお過ごしください♪

| | コメント (11)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »