« 『この世界の片隅に』 | トップページ | 桜 »

2017年3月26日 (日)

梅と桜の話

早いもので、もう3月も残りわずかとなりました。

「月刊 Au Petit Matin」状態になっているこのブログですが、
みなさま、お元気でお過ごしですか。


前回の記事の頃は各地で雪が降っていましたが、
すっかり春の花だよりが聞こえてくる季節になりましたね。


私も先日、ちょっと遠出して、梅を見に行って来ました。


1




梅の花には、桜とはまた違った高貴さや凛とした品があって、
馥郁とした澄んだ香りも、本当に魅力的ですね。

生け花の小原流では「梅は枝を生け、桜は花を生ける」と言うそうですが、
確かに、梅の木の見事な枝ぶりには、見惚れるような美しさと
なんともいえない風情がありました。


京都にいた頃、梅の季節にはいつも
北野天満宮の梅苑を訪れていました。


梅の香りに包まれた苑内を散策した後、「老松」の香煎茶と
軽くサクサクしたお菓子「菅紅梅」をいただくのが楽しみでした。
 

ここに祀られているのはご存知のとおり菅原道真ですが、
大宰府に左遷されることになった道真が京を発つ時、

 「東風(こち)吹かば 匂い起こせよ梅の花
  あるじなしとて 春な忘れそ」

  (春になって東風が吹くようになったら、その風に託して
   花の香りを(大宰府まで)届けておくれ、梅の花よ
   主人の私がいなくても、咲く春を忘れるな)

・・・と詠んだ有名な歌からは、失意の中にも、道真の、
梅の花とその香りを愛する思いが伝わってくるようです。


梅の花の後には、満開の桜が日本中を彩る
まさに春爛漫の季節がやってきますね。


2



もう各地から、少しずつ桜の開花だよりが伝えられていますが、
みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか。


印象に残る桜・・・といえば、私にもいろいろありますが、
そのうちのひとつは、京都、祇園の桜。

白川沿いの夜桜です。


3


細い白川の流れに沿った桜並木の花の色が夜の灯りに浮かんで、
水面にその姿を写した、花街の、どこか艶めかしい、
濃密な空気が漂う通り。


辰巳神社にほど近い、壁一面のガラス張りの窓から
白川の夜桜を望むバーのカウンターでは、
祇園で生まれ育った男友達と、
よく一緒にお酒を飲んだものでした。


はたちを過ぎて知り合ったのに、どこか幼馴染のような
遠慮のいらないその友達は、結構いい男で、いつも恋人は
いるのだけれど、なぜかなかなか結婚しない。

かと言って、本人としては、ずっと独身でいたいわけでも
決してないらしく・・・

そんな彼に、「ストライクゾーンが狭すぎんのとちがう?」などと
私も言いたいことを言って、時にははっぱをかけつつ、
お互いの恋愛や結婚のこと、仕事のこと、家族のこと・・・など、
あれやこれやと話をしながら、桜を眺めたりしたものでした。



心の内を素直に話せて、時には、お互いの恋人にも
打ち明けないような話をしたりもする、男女を超えた
親友みたいな関係だと、私たちは 信じ込んでいたけれど、

時折、“もし私に相手がいなかったとしたら・・・”と、たとえ話をする
彼が、私を「いい女」だと思っていることを私は知っていたし、
私にとっても、彼は客観的に見ても「いい男」で、やっぱりどこかで、
お互いに 「男と女」を意識していたような気がします。

今、この年になって思えば、ずっとずっと若かった私たちは、
何かの一歩が踏み出せなかっただけで、そして、その一歩を
やみくもに踏み出せないくらいには大人になっていて、きっと、
ただ、いろんなタイミングが少しずつ ずれていただけだったのでしょう。



年月が流れ、お互い、家族との別れや
それなりの人生のしんどさなどを 経験しながら、
年を重ねました。

人生の折り返し地点を過ぎようとしている私たちには、
それぞれに愛する大切な人がいて、きっともう「男と女」に
なることはないけれど、 重ねた人生の長い時間をゆるく
共有しつつ、お互いの年月や痛みに共感しながら、
やっと、本当の親友になれたのかもしれません。


今もやっぱり、言いたいことを言い合える感じは変わらずで、
最近では、彼のご贔屓の舞妓ちゃんの年を聞いて、
「おじさん、それ、犯罪やなぁ」などとからかったり・・・


こんな色気のない今の私達とは違って、祇園の桜は、
長い年月の間、いろいろな男女の艶めいた思いを
ずっと眺めてきたのでしょう。




そんな祇園を抜け、四条通の東端、八坂神社の奥にある
円山公園には、有名な枝垂れ桜の大木があります。

私自身はもう何年も見ていませんが、夜、ライトアップされた
その姿を見ると、どこかこの世のものとは 思えない
妖しい美しさを感じる・・・といわれるのも納得がいくような桜です。



4


夜桜見物の宴会があちこちで開かれている公園は賑やかだけれど、
もし、暗闇の中、ここでたった一人だったら、と想像すると、
その美しさに、かえってぞっとするような気持ちになったり・・・


そんなふうに、桜の花には、死生観だけではなく、
どこか妖しい世界も感じさせる 何かがあるようです。

坂口安吾は私の好きな作家の一人で、
気に入った作品はたくさんありますが、桜の花と言えばやはり
『桜の森の満開の下』

桜の美しさと恐怖とその中の孤独が、
あれほどうまく描かれた 作品は、
私には他にあまり思いつくことができません。


5



祇園の桜以外にも、京都の町にはいたる所に桜の名所がありますが、
私にとっては、高野から下鴨へと続く下鴨疎水沿いの 並木も、
結婚したばかりの春、夜桜を眺めつつ夫と歩いた
思い出深い通りのひとつです。




桜の花は、たとえ有名な場所でなくても、 思い出深い所が
人それぞれにあるのでは、と思います。

私達日本人にとって、遠い昔からどこか特別な存在だったのでしょう。
古来さまざまな和歌や俳句、 作品の中にも、桜の花は登場しています。



そんな桜のお話ですが、すっかり長くなってしまいそうなので、
今日はこの辺で・・・

桜の花が満開になった頃、またここへ来て
お話させていただきたいと思います。



それでは、みなさま、どうぞよい春の日を。

|

« 『この世界の片隅に』 | トップページ | 桜 »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

hananoさん


お彼岸の後の寒の戻りで震えている本日です。
東京は冷たい雨。

自然環境の悪化の話題の絶えないこの頃ですが、概ね、まだまだ季節感のあるのが救いです。

自然の力は、元に戻ろうとする恒常性。

この先も季節ごとに咲く花に思い出が寄り添えることを期待しますね。

私にも同じような存在の幼馴染の友人がおります。
年に一度しか会いませんが、3歳のころからの一番古い異性の友人。
最近ではこういうのもなかなか、悪くないなーと。

この辺で。


銀瀧

投稿: 銀瀧 | 2017年3月26日 (日) 17時40分

hananoさん、こんばんは。

この3月12日に、出張で京都へ、それも北野天満宮の近くの宿でしたので、朝出かける前に北野天満宮で梅を見てきましたよ。梅が満開で、多くの写真愛好家がカメラを構えていました。

菅原道真のこの俳句は子供の頃より覚えておりました。沖縄の方言には昔の京都の古語が沢山残っています。私の生まれ育った近くの沖縄の地名でも東風平(こちんだ)とか南風原(はえばる)などがあります。

桜を交えたお話、若い頃の男女間の微妙な距離感など、胸の中にある想いなど分かる気が致します。あの時にしか味わえない経験だったのでしょう。

季節は変わってゆきます。何もなかったかのように今年も桜は花びらを咲かせるのでしょう。

投稿: omoromachi | 2017年3月26日 (日) 19時15分

銀瀧さんnote
ずいぶん暖かくなったなと思ったら、寒の戻りで
冷え込む日があったりと、なかなか気温が安定しませんね。
とはいえ、日は確実に長くなっていて、だんだん春が近づいているな
・・・と感じると、なんだか嬉しくなります。
季節の移り変わりや草花で呼び起こされる思い出があるのは、
たぶん素敵なことですね。
銀瀧さんは3歳からの幼馴染とは、本当に長いお付き合いですね!
それぞれの人生を、同じ速度で歩みながら見守ってきた
大切な存在の方なのでしょう。
こういった関係もなかなかいいものだな、と私も今感じています。


omoromachiさんnote
こんばんは^^
京都へご出張された際に、北野天満宮も行かれたのですね。
京都は帰る度に年々観光客が増えているように感じますが、
天神さんの梅もちょうど見ごろで、たくさんの人で賑わっていたことでしょうね。
3月12日といえば、私も写真の梅を眺めていた日です。
沖縄の方言に京都の古語がたくさん残っていること、初めて知りました。
離れた場所で同じような言葉が使われているなんて、
どんな繋がりがあったのだろうかと、とても興味深いです。
桜の話の男友達とは今もいろいろ話せる間柄ですが、
年齢と共に微妙に変わっていく関係も、いいものだなと今は感じています。

投稿: hanano | 2017年3月27日 (月) 19時02分

 京都の桜、味わい深いですね。

 数年前、京都に出かけた時に、妙心寺退蔵院の夜桜を見る機会がありました。まるで流れ落ちる滝のように、紅の花びらの渦が闇から浮かび上がる様は、息をのむ美しさでした。

 実は今週末、友人たちと花見です。晴れて欲しいなあ!

投稿: gloriosa | 2017年3月27日 (月) 21時17分

いろいろな京都と桜にまつわる思い出があるんですね。桜は、はかなくて若い頃のちょっと心がキュンとする感じも同時に思い出させてくれる花なのかもしれません。桜の時期には少し早かったのですが、先週、京都嵐山で遊んできました。まだまだ京都通にはほど遠い私ですが、手軽に行ける所が好きです。男友達にまつわるお話し、そうですね男子には多少のオシャレ心は持ち続けて欲しいですね、そして男女間には多少の緊張感はあった方がいい気がします。

投稿: poem | 2017年3月28日 (火) 20時57分

gloriosaさんnote
梅や桜をはじめとして、京都には四季折々の花々を楽しめる場所が
たくさんあって、とてもいい町だなと思います。
ただ、いったん離れてみると、京都人としてあの町で暮らすことの
息苦しさみたいなものにも気付いたり、ちょっと複雑です。
退蔵院といえば「瓢鮎図」が有名ですね。私は退蔵院の夜桜を
見たことがないのですが、gloriosaさんの描写を読んでいるだけで
その美しさが目に浮かんでくるようでした。
きっとそこでも素晴らしい写真を撮られたことでしょうね。
今週末のお花見、晴れるといいですね!


poemさんnote
今は仕事の関係で離れていますが、家族のいる京都は、
学生時代から社会人になって結婚するまでずっと暮らした場所なので、
いろいろな思い出があります。
3月の別れのシーズンから4月の新スタートの季節に咲く桜は
たくさんの人にとってさまざまな思い出が重なっていることでしょうね。
春の嵐山は清々しかったことでしょうね!
嵐山といえば、渡月橋の側の桜餅屋さんを思い出してしまう私は、
「花より団子」なのかもしれませんbleah
異性の友達には同性にはない良さもあって、加えて
程よい緊張感もいいアクセントになるのかもしれませんね。

投稿: hanano | 2017年3月29日 (水) 08時34分

hananoさん、こんばんはclover

梅も桜もそれぞれに魅力あふれる
樹木であり花でありますねconfident
幸いはなのいろ地域は梅の産地でありますから
梅林に出かけずともあちらこちらで「観梅」でき、
桜も小さな名所が多くあります。
自然に恵まれていることほどありがたいことは無いですね!

hananoさんの大人なお花見、素敵ですshine
色んな思いで観る梅や桜に感じることも人それぞれ。
「観梅」「お花見」、何よりも心の豊かさを感じます😌

投稿: はなのいろ | 2017年3月29日 (水) 18時56分

はなのいろさんnote
こんばんは^^
この季節、はなのいろさんは、梅の花も生けたりされたことでしょうか。
そちらでは梅があちこちで見られるとのこと、羨ましい限りですheart04
季節の移り変わりが草花や樹木で感じられるのは、とても素敵なことですね。
花に重ねた思いや記憶は人それぞれにあることと思いますが、
季節の花を愛でに出かける日本の習慣は、本当にいいものだな~と思いますshine

投稿: hanano | 2017年3月30日 (木) 19時30分

こんばんわ
ステキな桜の写真ありがとうございますcherryblossom
京都にいらしたのですね。今もそうなのかしら…。
夜桜、京都、祇園、男女を越えた親友。
これだけでグッと盛り上がるストーリーですね!
初めの頃の記事も拝読させていただきました。
ブログを長く続けてらっしゃるのですね。
これからも楽しみにしていますconfident

投稿: 由津子 | 2017年3月31日 (金) 22時03分

hananoさん
はじめまして。大人の女性の文章を目にするのは、小説を除くとあまりなくて・・・。
たぶん、あまり嘘のないことを書かれているのでしょうね。(心情的な部分の話です)
僕はたぶんhananoさんよりも年を重ねているけれど、女性に対して「とんちんかん」な感情をもっているから現実を楽しく過ごせていないんだろうなぁと思いました。

うまく言えなくてすみません。なんか気持ちが動く部分があったので書き出したのですが、まとまらなくなってしまいました。自分を客観視できる素敵な大人の女性だなぁとおもったものですから・・・。

投稿: 気分屋NET | 2017年3月31日 (金) 22時44分

由津子さんnote
こんにちは^^
こちらこそ、ブログにお越しいただき、コメントをどうもありがとうございます。
長く暮らした京都を仕事の関係で離れてから、もうしばらくになりますが、
家族や親戚がいるので、今も時々帰っています。
帰る度に少しずつ町が変わっていくのを感じます。
いつまでも変わらない部分と、どんどん変わっていく部分が共存する場所ですね。
以前の記事も読んでくださったとのこと、ありがとうございました。
ブログを始めてからもう6年半くらい経ちました。
途中で長いお休みをとったりしながらも、ここでこうして
いろいろな方と交流をするのが楽しみで、なんとか細々と続けています。
これからもどうぞよろしくお願いいたしますhappy01


気分屋NETさんnote
はじめまして!
ようこそお越しくださいました。
コメントをどうもありがとうございます。
私の拙い文章でも何か感じてくださったようで、とても嬉しいです。
あれこれと書いた心情的な部分は、この年になってふと気付いた、率直な気持ちです。
そう考えると、年齢を重ねるのもいいものだな、なんて思います。
気分屋NETさんは、「女性に対して「とんちんかん」な感情を持っている」と
おっしゃられていますが、私にも、いまだに男性の気持ちはよくわかりません。
いい意味でお互い完全に理解できない部分があるから、
魅力的なのかもしれませんね。
ここを訪れてくださったのも何かのご縁、これからも
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: hanano | 2017年4月 1日 (土) 18時42分

hananoさん、こんばんは(^o^)/!

祇園の男性との話、「hananoさんらしいなぁ!」とつい思いました。人によっては「男女間の友情や親友なんてありえない」という考えの人もいますよね。
私は決してそう思いません。
若いころ、あちこち一人旅をし、たくさんの人と出会い旅の後も連絡を取り合ったり再会した人もかなりいます。
もちろん女性との再会も数多くありました。
その女性にお付き合いしている人がいるかいないか別にして、本当にみんな「久しぶりぃ~!」と再会を喜んで、一緒にデート(?)したものです。
京都の街も、北海道で知り合った東京の女性が「ゼミの研修旅行で京都に来てるけど、現地解散だから・・・」と急きょ呼び出され、2泊3日一緒に京都を歩きました。
宿泊先のユースホステルが鴨川に近かったこともあり、夕方たくさんのカップルが夕涼みしている中、自分たちものんびり散歩していたことを思い出しました。

私のブログも更新が滞っています。
何しろ母がいると出かけられない・・・(。_。)!
そろそろ桜も咲き始め、さらに大好きなウコン桜が咲く季節が近づいています。
ほんのわずかな時間でも、桜を見に行けたら・・・と思います。

投稿: 慕辺未行 | 2017年4月 2日 (日) 00時02分

慕辺未行さんnote
こんにちは^^
日本国内のみならず、世界のあちこちを旅して
そこで出会った人達と心を通わせることのできる慕辺未行さんですから、
きっと男女の垣根も軽々と飛び越えて、いい関係を築くことができたのでしょうね。
旅先で出会った人達とは、たとえ一緒に過ごした時間が短くても、
特別な思い出を共有することで深く心が繋がることができるのを、私も実感します。
私が学生の頃は、四条から三条あたりの鴨川沿いに等間隔に並ぶカップル
(かつては私も並びましたcoldsweats01)は、「鴨川の名物」だなんて言われていましたが、
今はどうなのでしょうね。

お母様のお世話を続ける生活、心身共に大変なこととお察しします。
お姉様の協力も得ながら、どうぞお身体に気をつけてお過ごしくださいね。
染井吉野の明るい花とウコン桜の淡くきれいな色が、慕辺未行さんの気持ちを
明るくしてくれるよう、お祈りしていますconfident

投稿: hanano | 2017年4月 2日 (日) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『この世界の片隅に』 | トップページ | 桜 »