« 図書館という小宇宙 | トップページ | エンドレス・ポエトリー »

2017年10月15日 (日)

Roller coaster

雨の日曜日。


久しぶりに自宅でコーヒーを淹れて、
窓の外の雨粒を眺めながら
静かな朝を過ごしました。



1_2




2017年の夏は、これまでの数年間と比べて
穏やかな時間が流れたような気がしていましたが、

どんな時間も、必ず変化していくものですね。




以前、アメリカの友人が何気なく口にした言葉を
今、改めて思い出しています。

「Life is a roller coaster.」

人生はローラーコースター(ジェットコースター)だと。




子供の頃、遊園地のジェットコースターは大好きで、
とてもエキサイティングだったけれど、

実際の人生での大きなアップダウンは、
衝撃や不安の連続で、時に気持ちを翻弄され、
なかなか大変なものだと痛感します。



「激動」や「波乱万丈」は他人の人生だからドラマティックなのであって、
その渦中の人間は、激しい荒波の中で浮き沈みするように、
苦しいものなのでしょう。


私も時に溺れそうになりながら、
なんとか波の中を泳いでいるような気持ちになります。



だけど、もし、ジェットコースターが「人生」だとしたら、
急に上がったり下がったり、激しく揺れたり回転したりしても、
やがては、静かに元の場所に戻ってくるはず。

ドキドキ、ワクワクした気持ちで出発した場所へ
必ずまた戻ってくるはずです。


実際のジェットコースターに乗る時だって、
スリルに悲鳴を上げながらも、再び安全に戻ってくると
信じているからこそ、楽しかったんだと・・・



そう思うと、“何かを信じて”、
その何かが何なのかよくわからないけれど、とにかく信じて、
限られた人生の時間、今のアップダウンを楽しんでみようか・・・と、

そんな気持ちになりました。





こちらも、友人がメッセージで送ってくれたもの。

2


人生はローラーコースター。

叫び声を上げるのも、乗っていることを楽しむのも、
自分自身の選択。

|

« 図書館という小宇宙 | トップページ | エンドレス・ポエトリー »

ココロとカラダ」カテゴリの記事

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは hananoさんsign01

No news is good newsと言いますが、充実した生活をお過ごしだったようですね。happy01

人生は本当にローラーコースターのように、坂があり谷があり、真坂があります。smile

だんだんとその起伏が分かってくると、なんでもそのままに受け入れられるような気がしてきますね。wink note

もう一度若い時に戻れたらと思ったりしますが、その時には過去の経験を忘れているような気がします。bleah

投稿: プロフユキ | 2017年10月15日 (日) 17時11分

hananoさん、こんばんは。

本朝は美味しいコーヒーが頂けたのですねshine

ええ、人生は平坦な道だけではありませんよね。自分が望む望まないにしても、その差はあっても皆それぞれがドラマチックな波瀾万丈な人生を歩んでいると思うのです。

一度きりの人生です。鈍感になって平坦な道を歩くより、敏感で傷付きやすくてもこの方を歩んでみたいと思っています。

どんな人生でもやはり自分が思っている人生しか選んでいないのですよね。

最後に書いてあります様に、自分を信じて人を信じて残りの人生を感動しながら生きて行けたらと思うのですscissors

投稿: omoromachi | 2017年10月15日 (日) 19時03分

hananoさん


私は高いところやスピードの出る乗り物は苦手で、かつ、行動範囲も狭く限られたところしか行かないので(笑)、ジェットコースター的人生には耐えられそうにもありませんね(笑)。

のんびり画いているのが性に合っておりますし、とても出不精なので交わる人も少ないほうです。

散歩は好きですがね。


銀瀧

投稿: 銀瀧 | 2017年10月15日 (日) 21時07分

こんばんは。

人生はジェットコースター、
なれど、最後は必ず静かに元の場所に戻ってくる。
心にずんときました。
今年、悲しい出来事が有って未だに乗り越えられずにいます。
永遠に続くのじゃないかと不安になっていましたが、
時が過ぎれば、また心穏やかな日々が戻ってくると思えば
何とか乗り切れそうな気がしました。
日々の、ちょっとした出来事でも同じですよね。
残り少ない人生、楽しんでみます。
有難うございました。

投稿: kiri | 2017年10月15日 (日) 21時30分

hananoさん、こんにちは(^^♪

雨粒を眺めながらのコーヒーcafe
イメージして…素敵❕

「人生はローラーコースター」
本当にその通りですねconfident
アップダウンの感じ方も人それぞれでしょうけど。
終着点に達したときが楽しみでもあり。

投稿: はなのいろ | 2017年10月16日 (月) 15時01分

プロフユキさんnote
こんばんは^^
夏から秋にかけて、またまたローラーコースターのように
アップダウンしながらも、なんとかそれなりに過ごしています。
「人生には真坂もある」・・・確かにそうですね、
誰かがそう言っていたのを思い出しました。
経験のない困難に初めて直面する時はやっぱり
それなりの衝撃ですが、それもやがては受け入れられるように
なってくるものなのでしょうか。
そう思うと、年齢を重ねるのも悪くないものですねconfident


omoromachiさんnote
こんばんは^^
ここしばらくいろいろバタバタしていたもので、
久々にゆっくりと朝のコーヒーを楽しむことができました。
そうですよね、どんな人生もそれぞれに違って、
それぞれにドラマティックなものなのでしょうね。
山あり谷ありとよく言うけれど、さまざまな風景を楽しみながら
自分の足でしっかりと歩いていけたら、きっと幸せですね。
信じることと感謝することが、幸せになる方法のような気がしました。


銀瀧さんnote
こんばんは^^
子供の頃はジェットコースターが好きでしたが、私も高い所はとても苦手です。
高層ビルの部屋のように囲われた場所ならまだ平気ですが、
吹きさらしの非常階段などは3階くらいでも怖いです。
銀瀧さんの作品は、のんびり散歩をしながら、まわりの風景や
季節の移り変わりを楽しむような、ゆったりした時間の流れの中で
描かれているのですね。素敵ですね。


kiriさんnote
こんばんは^^
今年のkiriさんには、悲しい出来事があったのですね。
どのようなことなのかはわからないけれど、「永遠に
続くのじゃないかと不安に」なる気持ち、私にもとてもよくわかります。
先が見えないのは本当に苦しいことですよね。
たとえ、まわりに心を寄せてくれる人達がいても、
頭ではきちんとわかっていても、やっぱり、
なかなか乗り越えられないこともありますね。
そんな時は、無理に気持ちを奮い立たせずに、思い切り
悲しみの中に浸ってしまってもいいのかも、と思い始めました。
「いつかは乗り越えられる」と頭でわかっていたことが、
心で実感できるような日が、必ずくるはずです。
いろんなことがありますが、お互いにそう「信じて」
一日一日を過ごしていきましょうね。


はなのいろさんnote
こんばんは^^
雨はやっぱりあんまり好きではないのですが、
出かけなくてもいい日曜日に、窓の外の雨を眺めながら
のんびりした時間を過ごすのはなかなかいいものですね。
よく言われることですけど、確かに人生はジェットコースターみたいな
ところはありますね。
それでもいつかはみんな必ず「終着駅」に着くのだと思えば、
それまでのアップダウンも、どうせなら楽しんでみようか
・・・なんて、そんな気持ちになりますconfident


投稿: hanano | 2017年10月16日 (月) 19時24分

こんばんは happy01
”人生山あり谷あり”、絶頂のときもあればどん底の時もあります。そして人の心もその時と同じようになります。
まさに”ジェットコースター”と同じですね。
私の現在は、それこそ”どん底”!この生活がいつまで続くのかも分かりません。
しかし先日、母が「要介護3」になり特養へ入所できるレベルになりました。特養への入所待ちの人はかなりいますので、いつ入所できるか分かりませんが、それでも一つ前進し、長いトンネルから抜け出せる兆しが見えました。
ジェットコースターで言えば、「終着点に戻る=出発点に立つ」・・・そんな感じですね。

投稿: 慕辺未行 | 2017年11月 3日 (金) 23時37分

慕辺未行さんnote
こんにちは^^
何カ月もこちらを訪れていなかったもので、
コメントのお返事がこんなに遅くなってしまってごめんなさい!
慕辺未行さんは、お母様のお世話で変わらず大変な毎日を
送っていらっしゃるのですね。
ただ、特養へ入所できるレベルの認定が下りたとのこと、
本当に、長いトンネルの先の光が見えてきたような気がします。
どんな言葉も、ご本人の大変さを和らげるには十分ではないでしょうが、
人生で永遠に変わらない状況はないと思います。
再び新たな地点に立って、よい方向へと進んでいかれるよう
私もお祈りしています。

投稿: hanano | 2018年1月 3日 (水) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 図書館という小宇宙 | トップページ | エンドレス・ポエトリー »