2016年10月30日 (日)

ワヤン・クリ(Wayang Kulit)

旅が大好きです。


もちろん国内旅行も好きですが、やはり心が弾むのは、
文化も習慣も全く異なった、海外の未知の国々へ出かける時。


これまでも、いくつかの国を訪ねましたが、
とても興味があるけれど、まだ訪れたことのない国もたくさんあります。


その一つが、インドネシアです。

特に、ガムラン音楽や舞踊など、バリの伝統的な文化や芸術に
触れることができるという「ウブド」は、ぜひ一度行ってみたいと
長年熱望している憧れの土地です。


このブログを訪問してくださるみなさんの中には旅行好きな方が
多くいらっしゃるので、インドネシアを旅されたことのある方も
きっといらっしゃることでしょう。

私にとっては、まだ訪れたことのない国ですが、
仕事を通じては、インドネシアの方と接する機会が時々あります。


仕事を通じて・・・と言えば、海外の国をビジネス等で訪問する際、
お土産を持参するかどうか、または、どの程度のものを持っていくかは、
私の経験(そう多くはありませんが・・)を振り返ってみると、
国によって結構差があるように感じます。

そんな中で、インドネシアは、かなり、
「お土産文化」の国のような気がしています。



・・・なんだか、前置き的な話がすっかり長くなってしまいましたが、

今日は、しばらく前に来日したインドネシアの方からいただいた
ちょっと変わった「お土産」をご紹介したいと思います。



*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。



みなさんは「ワヤン・クリ(Wayang Kulit)」をご存知でしょうか?


インドネシアのジャワ島やバリ島で行われる、人形を使った
伝統的な影絵芝居のことで、「ワヤン(Wayang)」は「影」を、
「クリ(Kulit)」は「皮」を意味するそうです。

なぜ「皮」なのかというと、影絵芝居で使われる人形が
牛の皮でできているからだとか。

その演目は、「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」など、
古代インドの叙事詩をベースにアレンジされたもので、
現地ではガムランの音色とともに、夜を徹して上演されると
聞きました。



この影絵芝居に、私は以前からかなり興味を持っていたのですが、
その人形を、ある時「お土産」としていただきました。




1_3


名前の由来どおり、人形は革製で、
持ち手となる棒の長さを入れると70センチくらいです。

ワヤン・クリにはたくさんの登場人物がいて、さまざまな種類の人形が
あるそうですが、上の写真の人形は、くださった方によると
「warrior(戦士)」だとか。



全体に細かい穴がたくさん開いていて、
これが影絵となった時に、繊細な細工模様のシルエットとして浮かびます。


2_2



ワヤン・クリの上演では、石油ランプの前に白いスクリーンが張られ、
その間で、ダランと呼ばれる人形遣いが、たった一人で
数々の人形を操ります。

ダランは人形だけでなく、語りや効果音も担当し、
その後ろでは、複数の演奏者によるガムランの伴奏が行われます。



人形の中心についている長い棒は、
スクリーンの前にある座に突き刺すためのもの。

こうすると、人形遣いが一人でも、複数の人形を
スクリーンに登場させておくことができます。



こちらの人形は、
たぶん「スマル(Semar)」というキャラクター。


3


ワヤン・クリの主役となる人形は概して細身なものが多いそうですが、
このスマルは、不気味な表情に不格好なスタイルと、
ちょっとグロテスクです。


その異様な姿形に、いただいた時にはちょっと驚きましたが、
スマルは「マハーバーラタ」に登場する勇者アルジュノの従者で
道化師で、守護者でもあるとのこと。


こんな外見ながらも、なかなかの役者らしく、
例えば、夜通し上演されるワヤンで、深夜に観客たちが
眠気を催してきた頃、場面転回でスマルが登場し、
滑稽な問答や痛烈な風刺で観客の眠気をさましたり、
笑わせたりする重要な役割を担っています。


また、スマルは、実は宇宙を支配する最高神ブトロ・グルの兄で、
自身も偉大な力を持つ神であって、人間を守護するために
地上に降りた姿だとも言われているそうです。



そう聞くと、少し違って見えてくる・・・かな?



4_2




ところで、影絵芝居なのに、どうして人形には
鮮やかな彩色がされているのか?
・・・と思った方もいらっしゃるかもしれません。



普通、影絵芝居を見る場合、観客はスクリーンを挟んで、
人形とは反対側から鑑賞することになります。


けれど、ワヤン・クリの場合は、石油ランプの灯りを背景に
人形のシルエットが映るスクリーンの表側と、ダランが
人形を操る裏側の両方から見ることができるのです。


そして、影の映るスクリーンの表側は「現実の世界」や「現世」を、
美しく彩色された人形をダランが操る裏側が「異世界」や「あの世」を
表すと言われています。



影絵の幻想的な様子は、一見「異世界」を思い起こさせますが、
インドネシアの人々の感覚では、「あの世」の方が美しく色鮮やかな
世界で、その影が「現世」なのでしょうか。


表側からか裏側からか、それは観客の好みで自由なようですが、
聞くところによると、インドネシアではダラン側から観るのが
人気だとかいうことで、こちらも興味深いです。




さて、最後に、「結局、実際のワヤン・クリってどんなもの?」
・・・という方のために、YouTubeで見つけた動画をご紹介します。


スクリーンの表と裏側の様子がわかって、実際のワヤン・クリを
見たことがない私も、雰囲気が想像できました。



そして、もう一つ。

こちらはジャカルタのMuseum Wayang(ワヤン博物館)がアップしている動画です。



2時間以上あるので、絶対最後まで見られない気がしますが
(もちろん、私も見てません^^; )、夜通し行われるワヤンの演目は、
あらすじがあるだけで、物語もゆったりしているため、
途中で1時間くらい眠ってしまっても大丈夫なんだとか?


ガムランの音色の中で、うつらうつらと居眠りしながら、
ふと眼を覚ましては、また影絵の世界へ入っていく・・・

そんなゆったりした幻想的な時間が流れる夜には憧れますね。



なので、動画を見ている途中に眠り込んでしまっても、
きっと大丈夫ですよ(笑)

| | コメント (6)